Bリーグ注目選手から、3x3、車いすバスケまで! 今、バスケットボールが熱い

“にわか”でも絶対に盛り上がる! 今、「バスケットボール」が熱い4つの理由

記念すべきスポーツイヤーの2021年。「推し」の競技は多ければ多いほど楽しめるということで、MORE的オススメは、わかりやすくてド迫力な「バスケットボール」。ステイホーム中にはまったというモアモデル・岸本セシルと一緒に、その魅力をお届けします!
モデル・岸本セシル

【1】45年ぶりのオリンピック出場決定! 海外進出選手も続々と

男子バスケは、開催国枠として45年ぶりに夢の舞台に立つことに。並みいる世界の強豪を相手に、世界ランク42位の日本は、「まずは一勝」を目標に掲げて、躍進を狙います!

馬場雄大選手 「メルボルン・ユナイテッド」所属

馬場雄大選手
写真/Getty Images

八村 塁選手 「ワシントン・ウィザーズ」所属

八村塁選手
写真/Getty Images

渡邊雄太選手 「トロント・ラプターズ」所属

渡邊雄太選手
写真/Getty Images
オリンピックでは、海外進出選手の活躍も大注目のポイント! 昔は立つことすら難しいと言われていたNBAで、日本人初のドラフト1巡目指名を受けた八村塁選手をはじめ、カナダのチームと日本人史上3人目の本契約を結んだ渡邊雄太選手など、海外でも対等に戦える実力を持った選手が続々と。2019年のW杯では全敗に終わり苦い思いをした日本代表ですが、今回こそ雄姿を見せてくれるはず。

【2】観戦初心者でも楽しめる要素が盛りだくさん!

「スポーツ観戦ってハードルが高そう」と思っている人も、バスケなら大丈夫。会場でも実況つきだからルールを知らなくてもエンジョイできるし、何よりプレーが魅力的。“にわか”でも楽しめる要素をご紹介します!

熱のこもった解説つきで、一緒に盛り上がれる!

バスケといえば、コートを駆けめぐるスピード感! ボールを奪いあって目まぐるしく展開するから、試合についていけるか心配? でも大丈夫! 各試合ごとに会場でも実況解説があるから、置いていかれずに盛り上がれる。

SNSや動画で、おうちでも楽しめる!

『JBA』『バスケットLIVE』の公式インスタグラム
JBAや『バスケットLIVE』の公式インスタグラムは、選手のカッコいい画像だけでなく、スーパープレー集も見られちゃうからフォロー必須! さらに、配信サイトではライブ中継や見逃し配信もあって、自分のタイミングで楽しめる♪

迫力ある展開に夢中! 鍛え上げられた筋肉にも注目

牧 隼利選手
(写真左)「琉球ゴールデンキングス」牧 隼利選手 写真/©B.LEAGUE
選手同士の駆け引きやぶつかりあいが多く、ド迫力のプレーに、ぐいぐい引き込まれる! さらに、選手の鍛え上げられた美しい筋肉が見られるのも、魅力のひとつ。バランスのとれたマッスルボディが堪能できます♡

屋内だから思いきりおしゃれして観戦に行ける!

試合は屋内で行われるので、汗をかいたり、日焼けするかも……という心配は必要なし。さらに、基本的には座って観戦するので、ヒール靴でだって楽しめる! 友達同士での観戦はもちろん、スポーツ観戦デートもオススメです。
バスケ推し・岸本セシルのおすすめ会場は?
「ちゃんぷる〜沖縄市大使を務める私のオススメは『沖縄市アリーナ』! NBAのようなド迫力の会場だから、選手もいっそうカッコよく見えちゃう!」(セシル、以下同)

セシルが解説。「このワードを聞き逃すな!」

モデル・岸本セシル

“スティール”

「ディフェンスがボールを奪うこと。単純だけど難しくて、スティール1回で、10得点分の価値があるって言われるくらい、試合の流れを変えるプレーなの!」

“バスケットカウント”

「相手チームのファウルでアドバンテージをもらいつつ、シュートを決めるプレー。フリースローも与えられるので、最大で4得点が可能。会場が一気に沸く!」

“ブザービート”

「ピリオドや試合の終了直前に放ったシュートが、ブザーと同時にゴールに入ること。本当に奇跡みたいで、これがあるから試合のラストまで気が抜けません♡」

【3】押さえておきたいBリーグ神7! “B女”のセシル&ライターMが独断と偏見で推薦します

盛り上がりを見せるBリーグ。全国各地にチームがあるから、推しの選手も絶対に見つかるはず! MOREの中でも特に熱心なBリーグ女子(略してB女)のふたりが厳選した、注目の7選手をチェック。

B.LEAGUE(Bリーグ)とは……

2016年に開始した、国内男子プロバスケットボールリーグのこと。B1とB2を合わせて36クラブが所属しており、日本一を競う。参加型のイベントやハーフタイムショーがあったりと、エンタメ性も抜群!

田中大貴選手 昨季MVPを獲得したバスケ界のプリンス

田中大貴選手
(写真右)「アルバルク東京」所属。「田中選手の魅力は、なんといってもそのオールマイティさ。パスセンスも抜群だし、ドライブも正確でディフェンスだってお手のもの。それでいて3ポイントシュートまで決めてくるので、まさに完璧」(ライターM)
写真/©B.LEAGUE

富樫勇樹選手 技術力が光る! Bリーグの誇るエース

富樫勇樹選手
(写真左)「千葉ジェッツ」所属。「バスケ選手にしては低めの身長なんですけど、テクニックとスピードで、フィジカル面で勝る選手をぐんぐん抜いて進んでいくのがカッコいい! 華麗なプレーで、コート上での存在感も抜群です」(セシル)
写真/©B.LEAGUE

アイザイア・マーフィー選手 驚異の身体能力で敵に回したくない選手No.1

アイザイア・マーフィー選手
(写真右)「広島ドラゴンフライズ」所属。「私はとにかく顔が好き!(笑)。チャーミングで、表情がコロコロ変わるので、見ていて楽しいんです。プレーも安定感があって、ボールを持ったら『絶対何か仕掛けるぞ!』って思う、脅威の存在」(セシル)
写真/©B.LEAGUE

篠山竜青選手 迫力あふれるスピードで会場を魅了

篠山竜青選手
(写真右)「川崎ブレイブサンダース」所属。「巧みなフェイントと、持ち前のスピードで切り込んでいく姿は見ごたえばっちり! アシストも上手で、チームの実力を引き出してくれます。おちゃめな一面もあって、ギャップ萌えも♡」(ライターM)
写真/©B.LEAGUE

金丸晃輔選手 どこからでもゴールを決める希代のシューター

金丸晃輔選手
(写真中央)「シーホース三河」所属。「どこからでもマシンみたいに正確にシュートを決めてくる! 難しい体勢からでも、流れるようにシュートを打てるんです。プレッシャーにも強くてフリースローの成功率も高い。安定感のある選手」(セシル)
写真/©B.LEAGUE

比江島 慎選手 変幻自在のステップで得点を量産

比江島慎選手
「宇都宮ブレックス」所属。「独特なリズムで繰り出すドリブルが持ち味で、一対一では負け知らず! また、一度“比江島タイム”に突入すると、気迫あふれるプレーで得点を量産。まさに漫画の主人公みたいで惚れ惚れ!」(ライターM)
写真/©B.LEAGUE

西田優大選手 Bリーグ界最注目! 新進気鋭のプレーヤー

西田優大選手
「新潟アルビレックスBB」所属。「昨年大学を卒業し、プロキャリアを開始した超有望株! 判断能力が高く、ルーキーなのに落ち着いたプレーが魅力的。東海大学時代は2度も日本一に。これからの成長が楽しみです!」(ライターM)
写真/©B.LEAGUE

【4】3×3バスケットボールに車いすバスケットボールも。バスケ沼が深すぎる!

バスケの面白さに目覚めると、素敵な世界がどんどん広がる! オリンピックの追加種目となった3×3に、パラリンピックの花形・車いすバスケ。5人制とはまた違った魅力があるから、沼落ち間違いなし!

3×3(スリー・エックス・スリー)バスケットボール

3×3バスケットボール
初めてオリンピックの正式種目となった「3×3バスケットボール」。もともとはショッピングモールなどの人が集まる空間で、エンターテインメントとして楽しまれてきました。試合時間はたったの10分で、21点先取の一本勝負。この短い時間に選手たちは技術やスタミナのすべてを注ぎ込むので、圧倒的なスピード感を味わえます!
写真/Getty Images

車いすバスケットボール

車いすバスケットボール
パラリンピックの花形競技のひとつ。車いす同士の緊張感あふれる接触戦から、「コート上の格闘技」と呼ばれているほど! 金属の摩擦で、車いすから火花が散ることもあるんです。ほかにも、片方の車輪を浮かして高さを出す「ティルティング」など、車いすの巧みな操作も見どころ! 低い打点から放たれる、正確なシュートも見逃せません。
写真/Getty Images
[セシル・全身]ベスト¥15180/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ワンピース¥15950/ハッシュニュアンス 靴¥13200/アースマーケティング(アスファルト) イヤリング¥6050/サン バングル¥14850/フォーティーン ショールーム(イン ムード) [セシル・アップ]シャツ¥26400/メゾン イエナ(メキパ) リング¥9900・ブレスレット¥7700/フォーティーン ショールーム(イン ムード) イヤカフ¥15950/ロードス(ドーラ) 

Ranking