殿堂入り

【移住相談してみた】移住者への支援制度、家探しの方法は? 栃木県益子町の場合

編集N&ライターNが栃木県益子町で移住相談してみた!

栃木県益子町で移住相談
興味はあるけどいろいろ不安。そんな人のための相談窓口を設ける益子町で、移住のノウハウを教えてもらいました!

益子町ってどこ?

栃木県益子町
「益子焼」で知られる、東日本最大の陶器の街。ギョーザの街、宇都宮市から車で約1時間ほど。秋葉原駅発着の直行バスが走っており、都心へのアクセスも便利!

道の駅ましこ

道の駅ましこ
益子駅から車で約10分。地場産野菜の直売所やカフェを擁する建物に役場が運営するコンシェルジュを設置。スタッフに直接、相談ができる。

支援の内容

若者定住促進住まいづくり奨励金…一律25万円、起業奨励補助金…100万円、新規就農者支援事業費補助金…100万円
移住者を募る自治体のほとんどに、移住にまつわる費用の一部をサポートする支援制度が。たとえば益子町では、家を購入した40歳未満の人全員に25万円を支給。さらに、町内で飲食店や企業を起業する場合は初期費用を最大100万円も援助!

家はどうやって探すの?

空き家バンク
益子町では役場が「空き家バンク」と題して空き家&空き地を紹介。公式サイトに掲載しているほか、コンシェルジュでも公開中。ちなみにこの日見た2階建て一軒家の家賃は月額5万5000円。古民家は数が少ないうえに人気が高く、早い者勝ちだそう。

求人はある?

栃木県益子町での移住相談の様子
残念ながら益子町内の求人は少ないそう。ちなみに役場の横堀さん(写真右)は毎朝、宇都宮市から車で通勤。運転ができれば、求人が豊富な近隣の市で働くのも選択肢のひとつ!

移住先で起業するのは大変?

カフェ『Midnight Breakfast』を起業した早瀬友貴さん
地域おこし協力隊としての活動を経て益子町に惚れ込み、起業を決意した早瀬さん。「役場のサポートがとにかく手厚く、古民家のリノベーション作業まで手伝ってくれたんです。都心では考えられないような費用で、おしゃれなカフェがオープンできました」

移住する前に体験してみたい!

栃木県益子町で貸し出すお試し住宅
「住んでみないと決められない!」という声に応えて、「お試し住宅」を貸出し中。こちらがその家で、5〜6人が住めるほど広々とした3LDK。しかも1カ月の家賃は水道代&光熱費込みで3万円とリーズナブル! 公式HPで事前に予約が可能。

関連リンク

Ranking

What's New

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る