謝罪のメールは、内容を具体的に伝えることが大切。専門家が教えるビジネスメールマナー

気持ちの伝わるメール術で、AIに負けない!

人工知能(AI)の目覚ましい発達で、私たちの仕事がいずれ“奪われる”かも? と不安を感じているモア読者も多いのでは? でも、安心してください! 実は私たち、AIに“負けない”強い武器を持っていたんです。
心温まる言葉のやりとりができるのも人間の強み。お礼や謝罪など、気持ちを伝えるメールこそ個性が重要なんです! そこで、マナー専門家・西出先生添削のメールマナーをお届けします。

謝罪メール編

謝罪のメールは、内容を具体的に伝えることが大切。専門家が教えるビジネスメールマナー_1
謝罪のメールは、内容を具体的に伝えることが大切。専門家が教えるビジネスメールマナー_2
前提として迅速な連絡と、内容によっては電話や直接の謝罪が必要です。❶不具合、不手際の内容は具体的に。❷個人に対して迷惑をかけたのか、会社に対して迷惑をかけたのかを記し、謝罪の気持ちを伝えます。❸今回のミスに対する対応策を示します。❹可能な選択肢を提示し、相手の都合に合わせて対応を。「これが最善なはず!」と決めつけるのはNG。❺今後の策についても触れられるとなおよし。

無理なお願いメール編

謝罪のメールは、内容を具体的に伝えることが大切。専門家が教えるビジネスメールマナー_3
謝罪のメールは、内容を具体的に伝えることが大切。専門家が教えるビジネスメールマナー_4
❶こちらの都合で連絡をしているため、事務的になりすぎないように。本題の前後に、必ず“クッション言葉”を。❷まずは用件を簡潔に伝えましょう。❸「無理なお願い」をすることに対して、謝罪の気持ちも忘れずに。❹無理なお願いをしなければならない理由、相手に対応をお願いしたい理由を必ず伝えて。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る