スニーカーコーデ【2021最新】特集 PhotoGallery

【冬のスニーカーコーデ】淡色スニーカーは旬のカラーパンツにも好相性

1/46

【冬のスニーカーコーデ】白レザースニーカー×カラーパンツで冬コーデの抜け感UP

2/46

【冬のスニーカーコーデ】デニムコーデに赤のコンバースで大人可愛く

3/46

【冬のスニーカーコーデ】白レザースニーカー×スラックスで品よく

4/46

【冬のスニーカーコーデ】デニムパンツ×コンバースのハイカットで可愛く

5/46

【冬のスニーカーコーデ】フレンチなデニムコーデに赤スニーカーでトリコロールに

6/46

【冬のスニーカーコーデ】エコレザーパンツ×スニーカー

7/46

【冬のスニーカーコーデ】デニム×コンバースで足取りも軽やかに

8/46

【冬のスニーカーコーデ】ダークブラウンのパンツコーデ+黒スニーカーでお仕事モード

9/46

【冬のスニーカーコーデ】白のワントーンコーデに白レザースニーカー

10/46

【冬のスニーカーコーデ】パーカー×花柄スカートにコンバースのスニーカー

11/46

【冬のスニーカーコーデ】スニーカー通勤の日はジャケットできちんとさを

12/46

【冬のスニーカーコーデ】ビッグサイズのパーカ×花柄スカートに黒スニーカー

13/46

【冬のスニーカーコーデ】 エコレザーのフレアスカートでアウトドアMIX

14/46

【冬のスニーカーコーデ】 黒パーカ×花柄スカート×帽子とスニーカーでリラックス

15/46

【冬のスニーカーコーデ】チェック柄ワンピースに黒スニーカー

16/46

【冬のスニーカーコーデ】マキシ丈のニットワンピ×コンバースのスニーカー

17/46

【冬のスニーカーコーデ】ニットワンピとコンバース×赤ソックスでおちゃめに

18/46

【秋のスニーカーコーデ】すっきりタイトスカート×ボリュームスニーカーで最旬バランスに

19/46

【秋のスニーカーコーデ】ワイドパンツにニューバランスの同系色合わせがきれいめに見えるカギ

20/46

【秋のスニーカーコーデ】コンバースとあわせるセットアップコーデ

21/46

【秋のスニーカーコーデ】きれいめ白レザーとなら、柄ワンピだってお仕事仕様に

22/46

【春のスニーカーコーデ】ストライプシャツ×黒パンツ×白スニーカー

23/46

【春のスニーカーコーデ】白ブラウス×デニムパンツ×VANS黒スニーカー

24/46

【春のスニーカーコーデ】白ジャケット×ピンクのカットソー×ブルーのパンツ×グレーのスニーカー

25/46

【春のスニーカーコーデ】ミリタリージャケット×スラックス×白スニーカー

26/46

【春のスニーカーコーデ】ビッグサイズシャツ×ネイビーのクロップトデニム×白スニーカー

27/46

【春のスニーカーコーデ】ベージュのワントーン×ワイドパンツ×オレンジのハイカットスニーカー

28/46

【春のスニーカーコーデ】白カーディガン×パープルのスカート×白スニーカー

29/46

【春のスニーカーコーデ】シアーシャツ×ツヤ感ダーク色のスカート×キャンバススニーカー

30/46

【春のスニーカーコーデ】ダーク色コート×暖色系のシャツ×ブルーのスカート×白スニーカー

31/46

【春のスニーカーコーデ】白コート×ピンクのカットソー×イエローのプリーツスカート×白レザースニーカー

32/46

【春のスニーカーコーデ】ブルーのアンサンブル×白プリーツスカート×グレーのスニーカー

33/46

【春のスニーカーコーデ】マウンテンパーカ×ワンピース×ラインスニーカー

34/46

【春のスニーカーコーデ】ブルーのシャツワンピース×黒パンツ×グレーのスニーカー

35/46

【春のスニーカーコーデ】黒ワンピース×黒カーディガン×白レザースニーカー

36/46

【春のスニーカーコーデ】ベージュジャケット×花柄ワンピース×カーキのスニーカー

37/46

【夏のスニーカーコーデ】デニムと同系色のスニーカーで脚長効果もしゃれ感もアップ

38/46

【夏のスニーカーコーデ】白ショートパンツと赤スニーカーでフレンチシックに

39/46

【夏のスニーカーコーデ】美脚パンツ+機能性スニーカーで通勤コーデを軽快に

40/46

【夏のスニーカーコーデ】黒パンツ×チルデンベストに白スニーカー

41/46

【夏のスニーカーコーデ】ブラウン×グリーンのチョコミント配色に赤のコンバース

42/46

【夏のスニーカーコーデ】上半身と脚の華奢さを際立たせる、パンツ&靴のボリューム感がワザあり

43/46

【夏のスニーカーコーデ】タイダイ柄シャツ×白スカート×白コンバース

44/46

【夏のスニーカーコーデ】赤いスカートにダークカラーのニューバランス

45/46

【秋のスニーカーコーデ】技ありカラーコーデに真っ白なメッシュバッグ&スニーカーで爽快感を

46/46

端正なスラックスが合わせるだけでエフォートレスなムード。
「シックで優しげな旬色をまとったこの懐かしい形が今、逆に新鮮! パンツの裾から少しのぞかせるだけで全体にしゃれた奥行きが演出できます」(スタイリスト・高野麻子さん)

靴¥9000/ミズノお客様相談センター(ミズノ) パンツ¥15000/カイコー ニット¥34000/デミルクス ビームス 新宿(チノ×デミルクス ビームス) バッグ¥13000/ビショップ ストール¥26000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店(トラディショナル ウェザーウェア) イヤリング¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) リング(4個セット)¥1500/Lycka
パンツのしゃれ感を引き立てつつ存在感が出せるのが“全部白じゃない”スニーカーのよさ。かかとやサイドに配したベージュと、ニットの色をリンクさせたら洗練感もひときわ。メリハリと重心アップはポシェットの小さな黒で。

靴¥20000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ニット¥43000/フィーニー カットソー¥10500/スローン パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) カチューシャ¥16000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店 ネックレス¥22700/シップス 有楽町店(ウルフサーカス)
お気に入りのカットオフデニムに印象的な純白のチュニックブラウスを合わせたら、気軽なデートにも女子会にもぴったりの大人可愛さ♡ 洗練感を足すならヒール靴だけど、休日ならあえて赤のコンバースで遊び心を盛るのも手。シンプルな装いにパッと明るい赤が映えて、カジュアルなのに女っぽいコーデが完成する。女子会仕様に振るなら、レオパード柄ブルゾンにタイニーなさし色バッグでとことんレディな攻めのおしゃれを。彼と過ごすなら辛口アウターやスポーティな小物で、思いっきりアクティブに振ると逆に可愛いかも♪ 耳もとにキラリと光るイヤカフやキャスケットでハッピーな仕上げを!

靴¥5800/コンバース ブラウス¥66000/ブライト ライト(ライト) パンツ¥13000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 ブルゾン¥85000/アー・ペー・セー カスタマーサービス バッグ¥19000/クオリネスト(オーマイバッグ) 帽子¥9000/TOMORROWLAND(フェルッチオ ベッキ) イヤカフ¥24500/ノウハウ(ノウハウ ジュエリー) ネックレス¥44000/カドー 伊勢丹新宿店 リング¥22000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(エルナン エルデス)
オーバーサイズのシャツジャケットにフーディ、スラックス。さらに渋い配色で今どきなメンズっぽさを演出しつつ、上品見えする白スニーカーで全体にほんのりやわらかさを。バランスをとろうとして、無理に女らしい靴を合わせなくても大丈夫!

靴¥20000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ジャケット¥28000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) フーディ¥15000/メイデン・カンパニー (アップサイクル) パンツ¥23000/1LDK apartments.(マイ) バッグ¥18000/キャセリーニ(ル・ベルニ) イヤカフ¥24000/UTS PR(ルフェール)
デニムにスニーカー、ストール。シーンに合わせてあえてほっこりさせても可愛い。

ストレッチデニム¥23000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 黒のハイカットスニーカー¥5800/コンバース 黒タートルカットソー¥6900/ノーク レザーのミニバッグ¥34000/アビークローゼスト(ミミ ベリー) チェック柄ストール¥4500/シップス エニィ 渋谷店(パルム) パールイヤリング¥2300/ゴールディ
冬はニット×パンツ、休日はデニム×スニーカー。どっちも頼れる組み合わせだけどマンネリ感は否めない! それならまずは、冬こそ楽しいレイヤードで着こなしをリフレッシュしてみて。シンプルニットからカーディガンに着替えて総レーストップスをちらり。胸もと&袖口からのぞく可憐なアクセントが、定番のデニムカジュアルにほどよい女っぽさと奥行きを与えてくれる♡ はき慣れたデニムの足もとには、赤のコンバースハイカットで遊び心をオン。白レース×デニム×赤スニーカーのトリコロールコーデにベレー帽を合わせたら、気分はたちまちおしゃれな休日のパリジェンヌ♪

トップス¥22000/ソークロニクル(メヤメ) カーディガン¥25000/グラストンベリーショールーム(シェトランド ウーレン コー) パンツ¥19000/シンゾーン 表参道店 靴¥5800/コンバース バッグ¥29000/クオリネスト(オーマイバッグ) 帽子¥9300/メゾンドリリス ピアス¥4000/シップス 有楽町店 キャミソール/スタイリスト私物
レザーパンツをハードに見せたくないときは、たとえばテーパードシルエットのカーキを。スニーカーやニットでラフに。

パンツ¥22000/ルーニィ(ルーニィ)ニット¥15000/ゲストリスト(リトラル) カットソー¥10500/スローン 靴¥5800/コンバース(コンバース) バッグ¥14000(アニソテア)・リング¥5500(ラピュイ)/キャセリーニ メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17000/ete ストール¥3990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム(クラフト スタンダード ブティック)
ニット×デニム×スニーカーの超定番コーデ、なのになんだかおしゃれに見えるのは、足もとの『コンバース』のおかげ。赤みがやや強めでダスティなボルドーのハイカットなら、誰より感度高めに仕上がって。足もとが映えるように、着こなしはダークトーンでまとめるのが正解。ケーブルニットでやわらかな表情をプラスしたり、スカーフでほんのり品を添えたり。そうそう、リップやネイルをスニーカーの色とさりげなくリンクさせたのも技ありでしょ♡ カジュアルな日こそ、可愛げや女っぽさのちょい足しが効果テキメン!

靴¥5800/コンバース パンツ¥19000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) ニット¥15500/ブルームーンカンパニー(ケリーウーレンミルズ) バッグ¥5990/ロコンド(MANGO) スカーフ¥12000/ルーニィ リング(8個セット)¥2200/サンポークリエイト(アネモネ)
今季はアウトドアブランドのきれいめアイテムが狙いめ! メンズっぽいこなれ感が演出できる上に、機能性や着心地にもこだわっているからお仕事服としても最適なんだ。ロングジャケット×美脚パンツの真面目なセットアップを、しゃれ感高まるダークブラウンでカッコよく。アクティブに動き回る日は、しゅっとしたフォルムの黒スニーカーでハズすのが上級者っぽい。そのぶんインはオフ白のタートルニットで上品さをひとさじ♡

ジャケット¥38000・パンツ¥28000・靴¥11800/ゴールドウイン(ザ・ノース・フェイス) ニット¥23000/スローン バッグ¥44000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ
どこか緊張感のある白コーデが、足もとの適度なカジュアルさでいい感じにやわらいで。濃色タイツでつないだ時に変に浮かないのも、ベージュのアクセントがきいた“全部白じゃない”デザインならでは。

靴¥20000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ベスト¥23000/コンバース トウキョウ 代官山(コンバース トウキョウ) ブラウス¥17000/ルーニィ スカート¥28000/ティースクエア プレスルーム(テラ) バッグ¥29000/T&L(トフ&ロードストーン) ピアス¥1709/サードオフィス(ROOM) タイツ¥1200/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)
スウェットやスニーカーなど、カジュアルなアイテムを着こなせる女子は“おしゃれ”、と男子も認定するみたい。×デニムだと、まんまシンプルすぎるから、花柄スカートをひらひらさせてギャップを狙うのも忘れずに! 

パーカ¥3627/Gap新宿フラッグス店 コート¥19000/ノーク スカート¥8200(フレディ エミュ)・バッグ¥13000(オーレンティ)/フレディ&グロスター二子玉川店 靴¥5800/コンバース ピアス¥2700/フィービィー
くすみイエローの裾揺れスカート×トラッドチェックのジャケットで、きちんと感も華やかさもちょうどいい好印象コーデに。インのタートルニットとかっちりバッグを黒で引き締めれば、秋色コーデのほっこり見えを回避できて大人っぽさも絶好調。打ち合わせ中の上半身が地味にならないように、存在感のあるゴールドアクセで顔まわりを品よく格上げして。そのぶん足もとは、白レザーのローカットスニーカーでやり過ぎ感なくハズすのが今っぽい。気さくな雰囲気に仕上がって、しかも一日じゅう疲れ知らず。

靴¥20000/シードコーポレーション(ヴェジャ) ジャケット¥39000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店 ニット¥26000/アー・ペー・セー カスタマーサービス スカート¥22000/ルーニィ バッグ¥34000/グーニーPR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) イヤリング¥1000/お世話や(OSEWAYA) ネックレス¥28000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
ユーズドっぽい色落ちグリーン&お尻まで隠れるビッグサイズのフーディは、彼の借りモノみたいな可愛さ。甘さよりもきれいめ感が際立つ黒ベースの落ち感スカートを合わせれば、部屋着っぽくならずそのまま出かけられるしゃれ感に。足もとは黒のハイテクスニーカーにして、スカートをメンズっぽアイテムでサンドイッチ! こなれたバランスとあえての辛口配色、最高に”あざと可愛い”でしょ♡

フーディ¥13500/メイデン・カンパニー(ミクスタ) スカート¥18000/ミラク(ソーノ) 靴¥21000/デッカーズジャパン(ホカオネオネTM) イヤリング¥7900(オクト)・リング¥38000(アナプノエ)/フォーティーン ショールーム
エコレザーアイテムが気になる人におすすめなのが、黒フレアスカートのアウトドアMIX☆ はき慣れた形のスカートを思いきりカジュアルダウンする、これなら気負わずトライできそうでしょ。もこもこ感が可愛いボアジャケットは、スカートのテンションとなじむ辛口カーキで。スニーカー×タイツはスカートと同じ黒でつないですっきりと。仕上げにシルバーアクセでキリッと引き締めて。エッジィな女っぽさにカジュアルな遊び心、こんな新鮮コーデが理想的♡

スカート¥16000/アンクレイヴ ジャケット¥35000/グーニーPR(アルタス マウンテン ギア) ニット¥24000/グラストンベリーショールーム(シェットランド ウーレン コー) 靴¥28000/ニューバランス ジャパン(ニューバランス) バッグ¥3990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥1600/お世話や(OSEWAYA) バングル¥41000/ススプレス(ラナスワンズ) タイツ¥1000/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)
カラースニーカー(1月発売)¥8000/コンバース(コンバース) 黒フーディ¥35000/ボウルズ(ハイク) 花柄スカート¥19000/アルアバイル 白バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 帽子¥6300/CA4LA プレスルーム(カシラ) ピアス¥26000/ラブレス青山(ローマニン) ソックス¥1200/タビオ
全部黒で一見ボリュームのあるデザインでも、素材に軽さを感じるハイテクスニーカーなら女子にもほどよい重厚感。黒やチャコールなど、同色系のタイツでつなぐと柄ワンピがより引き立つうえ、足首まわりが細見えするのもうれしい。
「ソールまで黒で統一した、モード顔のハイテク系なら大人っぽさも完璧!」(スタイリスト・高野麻子さん)

靴¥21000/デッカーズジャパン(ホカ オネオネ™) ワンピース¥39000/ボウルズ(ハイク) コート¥18500/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥49000/アビークローゼスト(ミミ ベリー) ピアス¥1700/Lycka リング¥2400/イズントシー タイツ¥900/タビオ(靴下屋)
くるぶし丈のスーパーロングは、首もとが詰まったハイネックだったり、裾がさりげなく絞られていたりという小ワザのおかげでだらしなさ防止。キャップやスニーカーを投入してラフに着るのが今年の気分。

ワンピース¥24000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥5800/コンバース バッグ¥23000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 帽子¥3800/ニューエラ イヤリング¥1891/サードオフィス(ROOM)
ネイビーのIラインニットワンピを一枚で着るなら、まずは同系色のリュック&スニーカーで手軽にスポーツMIXして。あとは自分好みの小物やアウターを足すだけで、最高にハッピーな休日おしゃれが完成する♪ ハイカットのコンバースには赤ソックスで遊び心をプラス。顔まわりはもこもこストールであったか可愛く、仕上げに辛口なミリタリージャケットを持って。

ワンピース¥36000/スローン ジャケット¥36000/ラヴァンチュール マルティニーク 靴¥5800/コンバース バッグ¥8900/ジェイケイブイジャパン(ワイルドシングス) イヤカフ¥1800/サンポークリエイト(mimi33) イヤリング¥900/お世話や ストール¥4000/バロックジャパンリミテッド(ロデオ クラウンズ) 靴下¥900/タビオ
スタイリッシュなタイトスカートにロングシャツをアウトで着て、ほどよく力の抜けた”女っぽカジュアル”が気分。さらに足もとはスニーカーで軽快にハズすのが上級者! しゅっとしたIラインコーデにあえてのボリューム感がイマドキだし、黒でつなげればすっきり見えも叶って言うことナシ。ラフな着こなしや靴で遊び心を出しつつも、シャツのボタンは上まで留めて真面目さをひとさじ。さらに全身をモノトーンで統一した潔さも手伝って、オトナ女子にちょうどいいこなれ加減なんだ♡ 雨続きで気分が滅入ってきた週末は、自由度の高いおしゃれでテンション高く乗り切ろう♪

シャツ¥2990/アメリカンホリック スカート¥24000/フラッパーズ(エンリカ) 靴¥21000/デッカーズジャパン(ホカ オネオネ™) バッグ¥45000/オルサ(オルセット) イヤリング¥2900/サンポークリエイト(mimi33) 時計¥25000/オ・ビジュー(ロゼモン)
ワイドパンツにスニーカーは、カジュアルすぎると思いがちだけど、同系色ならきれいめに。こなれたムードも醸しだせるし、リュック通勤にもマッチ。

トップス¥14000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) パンツ¥29000/シティショップ(ベルナール ザンス) コート¥65000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥28000/ニューバランス ジャパン(ニューバランス) リュックサック¥32000/ゴールドウイン(ザ・ノース・フェイス) メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット)
なじみのいいベージュを選択。かっちりしすぎず、肩ひじはらない感じが今らしい。

ジャケット¥42000/ビームス 六本木ヒルズ(ウーア) サロペット¥38000/ユーニード(ウーア) タンクトップ¥4800/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン) 靴¥6500/コンバース バッグ¥16000/ADINA MUSE SHIBUYA イヤリング¥3500(mimi33)・ネックレス¥3500(アネモネ)/サンポークリエイト 時計¥22000/オ・ビジュー(ロゼモン)
それだけで清潔感がある白レザースニーカー。華やかな服にも平常心をもたせてくれる。季節が深まるこれから、こっくりカラーの中に爽やかさをさすのにも使える!

ジャケット¥45000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ワンピース¥42000/シップス インフォメーションセンター(ウーア) 靴¥20000/シードコーポレーション(ヴェジャ) バッグ¥34000/ヴァジックジャパン 時計¥24000/オ・ビジュー(ロゼモン)
全部カジュアルなのに”ちゃんときれい”に仕上がるピュアホワイト。
メンズライクなストライプシャツ×黒パンツで思いっきりマニッシュに。キリッとクリアな白のハイテクスニーカーで爽やかな存在感をプラスして。

脱スポーティ。パリシックにはくのが新鮮で最先端。コットンブラウス、ノンウォッシュのデニムなどパリジェンヌ風の素朴なアイテムの中にきかせて。つなぎは、パープルのカラーソックス。全体にメリハリをつけてくれる。

まろやかなグレーに旬のきれい色パンツがベストマッチ。クラシックなスニーカーがほっこりするのも回避できる。

メンズライクなスラックスに黒Tシャツ、さらにミリタリージャケットをはおって、とことん辛口仕上げに。今季は”きれいめ”に進化したスニーカーを合わせたい。パンツの色ともすんなりなじんで脚長見えするし、落ち着いた大人の雰囲気と軽快さも両立できる。

今シーズン多い衿つきシャツは、きれいめにまとめすぎるよりデニムというハズしが必要。スニーカーを合わせれば少しパリっぽいムードも手に入る。

ベージュのワントーンで“きれいめ”に落とし込んで。みんながしてる人気のベージュコーデに差がつくのもいい。

きれいめに似合う、白系。フェミニン派はクリーム色で! 真っ白より、生成りやオフホワイトがいっそう女性らしい着こなしになじむ。デザインもワンポイントなどすっきりシンプルなもので。

素朴なキャンバス地には思いっきり今っぽい素材の服で! シアーシャツ、ツヤ感スカート。軽やかさを呼ぶ素材と。

暖色系のシャツを選んだ日は、ブルーのラップスカートで爽やかさをプラスして。さらにシャツINすれば、すっきり好印象な春色コーデに。仕事に行く日は締め色のノーカラーコートでIラインを強調してスタイルアップ。これなら足もとを今年っぽいボリュームスニーカーでハズしてもいいかも。

きれい色をたくさん着たい今季だから、きれい色に似合うかどうかも重視したい。オーセンティックで、黒のロゴがシャープなこのデザインなんてまさに理想的!

可愛いコーデにこそ、ハンサムなデザインで甘さをコントロールして。スエードの起毛感でシャープになりすぎないマットグレー。ブルー、白とのアンニュイな配色が美人度を高めてくれる。

カーキ×黒のマウンパをばさっとはおって、足もとには黒ラインがきいた『アディダス』SUPERSTARを素足にオン。仕上げにきれいめPCVバッグやゴールドアクセで品を添えるのをお忘れなく!

凜と知的に見えるグレー。気持ちもコーデも引き締めたい時に。平日の定番シャツワンピースに新しい印象を添えて。防水素材が梅雨時期にも◎。

カジュアルスリッポンがワンピに親しみやすいイメージを添える。丸い形が、モノトーンコーデにも可愛げを残して。

可愛げカジュアル派は普段あまり選ばないかもしれないけれど、カーキ、グレーなどコーデに深みが出せる渋いカラーがベスト。子供っぽくならず、しゃれ感が。

夏は楽ちん&涼しげなワンピが多いけど、久々にデニムカジュアルで気分をリフレッシュ! インディゴデニムにブルーのキャミソール、さらにスニーカーも同系色でつないで、すらっと縦長なワントーンコーデに。スニーカーは紺やパープル系も今らしくてオススメ。さらにビッグシャツをはおるのも爽やかだし、リラックス感も高まるし、もちろんトレンド感も♪
2019年7月号 撮影/黄瀬麻以
ちょっぴり変化球のショートパンツスタイルは、スニーカーでカジュアルダウン&ロングガウンで肌見せを抑えて。
打ち合わせに資料集めにと動き回る日は、楽ちんなのに美脚見えする白パンツに、てろんとしたきれい色シャツをイン。バッグ&アクセもきちんと感重視で揃えたら、足もとくらいは歩きやすさ優先のスニーカーでもOKでしょ! 細身できれいめな黒ならマニッシュ靴みたいな感覚ではけてイイ感じ。せっかくだから通気性のいいニット素材のアッパー、滑りにくくてクッション性の高いソールなど、機能的な一足を選んでみて。これなら一日じゅう疲れ知らずだし、梅雨から夏まで快適に過ごせる♪ 冷房対策のカーデも黒でコーデの上下を引き締めれば、きちんと感も美スタイル見えもばっちり!
休日服、しかもカジュアルなコーデにブラックドレスパンツ? と思うかもしれないけど、実はスニーカーとの相性もバツグン! 細い足首が見えるクロップト丈を選ぶのがポイント。
ロングワンピをラフにはおってもきれいなのは、この配色だから♥ ミントグリーンもブラウンも可愛げと大人っぽさのある色。だからワンピをばさっとはおるような休日コーデも、ラフすぎない仕上がりに。
裾広がりのバミューダパンツに、靴ひもを上までキュッと結んだハイカットのコンバース。そこから伸びる脚はゼッタイ細見え! 上半身もノースリーブから思いきって二の腕を出して、涼しげに女っぽさをアピって。つば広ハットやGジャンを持っていけば、強い日差しも夜風も怖くない♪

今季大ブームのタイダイ柄。遊びがきいたこのアイテムを大人っぽく着こなすには、落ち着きを与える白が必要。下重心の白で柄のこなれ感を引き立てつつまろやかに。
ブラウン×赤スカートのダークな色はプチプラでも高見え。
カジュアル気分の日は大好きなボーダー×Aラインスカートに決まり。王道コーデの鮮度を上げるためには......そうだ、新しい色合わせにトライしてみよう! たとえばボーダーをフレッシュなイエローに、布分量の多いスカートも今日は思い切っておしゃれパープルに。鮮やかな反対色を組み合わせることで、ハッとするようなしゃれ感をゲットできるんだ♡ とことんカジュアルに振っても、真っ白小物なら品よく爽やかに仕上がって好感度上がりまくりっ♪

Ranking

もっと見る