コンプレックスなんて吹き飛ばせ! スタイリスト高野さんのポジティブ私服コーデ PhotoGallery

着たい服を諦めない女・高野麻子の、ポジティブマジック10
毎シーズントレンドアイテムをおしゃれに着こなすスタイリストの高野さん。体型悩みをカバーするプロの神テクで、諦めないマインドを養うところからスタート!
シャツとハーフパンツコーデのスタイリスト高野麻子さん

1/14

シャツにカーデを肩掛けした高野麻子さん

2/14

バンドカラーシャツだけを着た高野麻子さん

3/14

デニムミニスカートにロングブーツを合わせた高野麻子さん

4/14

ラガーシャツ×ニットタイトスカートコーデの高野麻子さん

5/14

ジレ×ロンTコーデの高野麻子さん

6/14

黄色のワンピースを着た高野麻子さん

7/14

ワンピースをサンダルと合わせた高野麻子さん

8/14

チュニックブラウス×太めパンツコーデの高野麻子さん

9/14

セットインジャケット×フリル衿シャツ×デニムコーデの高野麻子さん

10/14

ジャケットのインにTシャツを合わせた高野麻子さん

11/14

オール白コーデにグリーンのトップスを差し色にした高野麻子さん

12/14

ニットセットアップにストライプシャツをはおった高野麻子さん

13/14

オーバーサイズマウンパにスカートを合わせた高野麻子さん

14/14

コンプレックスは、数えきれないほどあるけど……
体型のコンプレックスは10個くらいはあるかもってくらいあるんですけど。でも、ちょっとした着こなしの工夫で、そんなのなかったことにできちゃう。だから諦めるなんてもったいない! 高野流の自分らしくおしゃれを楽しむ秘密、大公開です。
高野麻子
1.【バンドカラーのコンパクトシャツ】カーデ肩かけでなで肩を盛っちゃう!
「何を隠そう、私のいちばんのコンプレックスが、なで肩&巻き肩で、そこが強調されるピタッとしたシャツは避けてました。でもどうしても今季は着たい! だったらカーデ肩かけで肩に角をつくっちゃえばいいじゃんって。それにシャツのボタンをお腹くらいまで開ければウエスト位置も上がって見えるじゃんって。ナイス発見!」(高野さん、以下同)
シャツ¥38000/グラストンベリーショールーム(ジェームス モルティマー)
▼諦めるとこうなります
2.【デニムミニスカート】ロングブーツをはけば子供脚もすらっと大人~な感じに
「私の場合、ミニスカートをはくと脚がひょろひょろして幼児感が出ちゃうんです。大人の女性らしくはきたいから、ロングブーツでカバーしちゃいます。冬になったらタイツでつなげるんでもいいですね。ポイントは全体を同系色でまとめること。足もとまでシュッと細長く見えるし、ミニスカでもカッコよくまとまります」
スカート¥17600/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)
3.【ニットタイトスカート】前後差トップスでお尻とお腹がぺったんこ!
「ニットタイトスカートって、きれいにはけたら最高だけど、お腹まわりとかお尻のラインが気になって勇気いりません? そんな時は、丈の長さに前後差があるトップスを合わせるだけ。これなら、お腹とお尻どっちも隠しながら丸みもフラットに見えるし自然なこなれ感もできちゃいます。靴は先が尖っている形を選べば、アウトした裾のゆるさも引き締まってちょうどいいです」
スカート¥26400/ミ ヴァコンス
4.【ジレ】二の腕が気になるなら、袖ゆるめのトップスを着よ
「今季注目のジレ。いつものコーデにちょい足しするだけでおしゃれになれて、縦長効果もあってすごくいいんですけど、二の腕がパツパツに見えちゃうと残念。そういう時は、あえて袖がゆったりしたロンTなんかを合わせます。二の腕を隠しつつ、むしろ華奢な印象に見えるマジック。あとは、長めボトムで縦ラインを強調すれば完璧です」
ジレ¥28600/ルーニィ
5.【マキシ丈ワンピ】きかせの白と重めの足もとならズドンと見えないよ
「こういうゆっるーいドレスみたいなワンピを普通の日に着るのって素敵じゃないですか。でも、やっぱりまんまだと着られちゃうんですよね。抜け感が必要なので、袖をまくってちょっとの白をチラ見せします。靴は華奢なヒール靴より、ボリューム重めのおじ靴なんかのほうが、全体が引き締まって正解ですよ」
ワンピース¥41800/カレンソロジー 青山(ウーア)
▼諦めるとこうなります
6.【チュニックブラウス】×ワイドパンツでウエストまわりの膨張をすっきりさせましょ
「チュニックブラウスは、お尻までカバーできてラッキー♪ と思いつつ、油断すると、お腹まわりがドーンとしちゃって太って見えがち。スキニーボトムを合わせるとよけい上半身がボリュームアップするので、太めのパンツで重心を下に伸ばします。ブラウスよりも濃い色のパンツにするのも重要。よりすらっと見えるんですよね」
ブラウス¥18700/ミラク(ソーノ)
7.【セットインのノーカラージャケット】フリル衿で肩まわりのラインをカモフラ
「ジャケットも肩や二の腕が強調される形は避けていたけど、今季はセットインタイプが絶対着たい。ありがたいことに衿が大きめなトップスもトレンドなので、フリル衿をのぞかせて目眩ししちゃいます。それだけで肩まわりの印象、全然違くないですか?」
ジャケット¥92400/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(ガブリエラ コール ガーメンツ)
▼諦めるとこうなります
8.【白のワントーン】トップスレイヤードでメリハリをつくれば膨張知らず
「秋冬のオール白って可愛いんですよねぇ。だけど、膨張しちゃうんですよねぇ……(遠い目)。でも大丈夫。メリハリをつくるために強めの色をインに少々きかせてレイヤードしたり、トップスをシアーなものにすれば、着太りなんてなんの話? って感じで楽々クリア。さし色は派手色のバッグでもいいですよ」
パンツ¥8800/リー・ジャパン(ラングラー)
9.【ニットセットアップ】ビッグシャツはおりで気になるパーツを一気に隠す!
「体の丸みがいろいろドキドキしちゃうような難易度高めアイテムだって諦めませんよ(笑)。オーバーサイズシャツでまるっと隠しちゃえばOK。シャツをストライプにしたり、ロングネックレスを合わせると縦ラインも際立つ&きちんと感もアップするしで、一石二鳥♪」
トップス¥27830・パンツ¥26400/フィル ザ ビル マーカンタイル(フィル ザ ビル)
10.【オーバーサイズマウンパ】モノトーンコーデで、気になる顔まわりをシュッと!
「フェイスラインちょいゆるめな高野的には、こういう首まわりまでボリュームたっぷり系マウンパは難しい……なんて、落ち込むことはせず、引き締まって見える黒を選ぶ&全身をモノトーンでまとめて、とにかくシャープに! マウンパがスポーティすぎちゃうのも回避できるテクです」
パーカ¥52800/グラストンベリーショールーム(デサント×オルウェル)

Ranking

もっと見る