流行の「レース」服を着こなすにはフレンチシック&辛口がコツ。スタイリスト石上さんがレクチャー!

レースは“辛く”着るのが石上美津江流

長く愛せるおしゃれのベースはここにある。モア世代がマスターするべき【フレンチシック】について、石上さんが語る連載。今回は「レース」との上手なつきあい方のお話です。

レースはほんのり辛く着る
甘いイメージのあるレースをモア世代が着る時は、ちょっぴり“ツン”とするくらいがちょうどいいんです。

オールレースが潔いブラウスはマニッシュなジャケットからのぞかせて

デニムに赤いバレエシューズをはいた土屋巴瑞季
ブラウス¥22000/ソークロニクル(メヤメ) ジャケット¥77000/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(シベルサラル) パンツ¥16000/メゾン イエナ 靴¥34000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥9000/ザ テイストメイカーズ & コー ネックレス¥38000・リング¥42000/ホワイトオフィス(ジジ) リボン/スタイリスト私物

ちょっぴりやんちゃなパンツでレースカラーにエッジをひとさじ

レースのブラウスをカーゴパンツにあわせる
ブラウス¥17000・カーディガン¥16000/メゾン イエナ パンツ¥18000/フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 靴¥16000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥19000/クオリネスト(オーマイバッグ) カチューシャ¥13000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店 ピアス¥4000/シップス 有楽町店(エーヴィーマックス)リング¥42000/ホワイトオフィス(ジジ) ソックス¥6900/セム インターナショナル(ウィリアムブラントン)

たっぷりとしたニットのボリュームとレースの軽さでコントラストを楽しみたい

フレンチシックなレースの白いスカートとニットコーデ
スカート¥24000/ルシファーリサーチ(サラ マリカ) ニット¥34000/ブラームス ルーツストック 靴¥52000(サンダース)・ピアス¥9000(スチュードベーカーメタルズ)/グラストンベリーショールーム バッグ¥56000(グレンロイヤル)・ストール¥62000(ジョンストンズ オブ エルガン)/ブリティッシュメイド 銀座店 メガネ¥31000/モスコット トウキョウ
フランス映画に出てくるような、服装は可愛らしいのにとにかく気が強い、甘さと辛さを兼ね備えた人にいつだって憧れていて。レース服を着る時は、まさにそんな女性像を想像するのが楽しい! マニッシュなジャケットや、ミリタリーパンツ、ゴツめのサイドゴアブーツなど、どこかにぴりっとエッジを必ずきかせながらスタイリングするのが私のルールです。甘い印象の強いアイテムだけど、このギャップを意識するだけでぐっと着やすくなると思います。そして、レースを大人が上手に着るためのヒントがもうひとつあって、それは正反対の素材と組み合わせること。一般的には春に着るもの、ととらえられがちですが、私はあえてウールのアウターやどっしりとしたニットみたいに、重さのある素材とミックスするのが好きなんです。そうすると、冬のコーディネートにほどよい抜け感が簡単に出せるから。騙されたと思ってぜひ一度冬に着てみてください。沈みがちなコーディネートをぐっと軽やかにしてくれるはず。やわらかく華やかな雰囲気で着るレースももちろん素敵ですが、モア世代になったら、優しすぎるよりもほんの少しだけ“ツン”とした空気でまとってみて。きっとこれまで以上にうまくつきあうことができますよ。(石上さん)

教えてくれたのは…?

スタイリスト 石上美津江さん
『MORE』や『LEE』で活躍するスタイリスト。フレンチシック好きで、シンプルな中に可愛げや女らしさのあるスタイリングにファン多数。冬になると肉まんが無性に食べたくなるそう。おすすめは神戸の『三宮一貫楼』。とにかく玉ねぎがきいていて、おいしいのだとか。

Ranking