「買う順番」が可愛いままで大人っぽくなる鍵⁉︎ スタイリスト石上さんの買い方レッスン

可愛いままで大人っぽくなれる買い方レッスン。石上さん、教えて!

スタイリストが教える!
“可愛いベースで大人化”できる買い方レッスン
一歩先の自分になりたい欲が高まる春。お買物前に、まずMOREが信頼するふたりのスタイリストの声を聞いて! トレンドとベーシック各視点から、私たちらしい“可愛さ”をキープしながら大人化ができる買い方のヒントをお伝え。手持ち服の見直しにもきっと役立ちます! 今回は、ベーシック派の石上美津江さんに教わります。

スタイリスト 石上美津江さん ベーシックを買う

可愛い服を諦めないためにベーシックを更新
“可愛い服”をあきらめないためにもベーシックを定期的に更新
「新しい季節を迎えるたびに、デニム、シャツ、定番の靴などのベーシックアイテムを見直す習慣をつけてみてください。おしゃれの土台となる、ベーシックがしっかり今っぽく更新されていれば、日々の着こなしが洗練され、コーデに悩むことも減りますよ。ベーシック服という基礎にもともとモア世代の皆さんが持っている可愛さが加われば、“可愛いベースの大人化”は自然と叶うはずです」(石上さん)

最初に更新したいのはデニム。最新のワイドストレート、それだけでどこか新鮮。
パンツ¥16000/TOMORROWLAND(MACPHEE) シャツ¥22000/フレッシュサービス ヘッドクオーターズ キャミソール¥28000/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 靴¥24000/グラストンベリーショールーム(カットワース) 帽子¥16500/メゾンドリリス イヤカフ¥17000・リング¥30000(2点ともルフェール)・バングル¥29000(ノース ワークス)/UTS PR

スタイリスト 石上美津江さん

スタイリスト石上美津江さん
MITSUE ISHIGAMI
“フレンチシック”を代表とした、グッドガールなスタイリングが人気。永遠にすたれない服の素敵さを知っていて、いつもモア世代の理想のおしゃれを教えてくれる存在

うまくいく順。石上式ベーシック服更新プラン まずは何にでも合うデニムから

石上さんがお勧めするまず買うものはデニム
コーデの基礎となるもの、活用度が高いものから刷新するのが近道!
▷▷太めストレートがデニムの最前線
ポイントは、更新する順番。デニムは流行が変わりやすいのも優先したい理由。石上さんのおすすめはメンズライクなワイドシルエット。人気の甘いブラウスとも好相性♡

トップスの甘さを中和。脚をまっすぐ補正してくれるのもワイドストレートならでは。
パンツ¥32700/シップス プライマリーネイビーレーベル(タナカ) シャツ¥27000/ティースクエア プレスルーム(テラ) 靴¥18000/UTS PR(スペース クラフト) バッグ¥14000/フラッパーズ(マルシェ) スカーフ¥6000/ビームス ライツ 渋谷(モワモン) イヤカフ¥14500/ノウハウ ジュエリー ブレスレット¥36000/UTS PR(ルフェール) リング(右手人さし指)¥12500(リプサリス)・リング(左手)¥22500(ドーラ)/ロードス リング(右手薬指)¥19000/LON inc.
おすすめデニムはインディゴから淡いブルーのもの
カラーは、この春のやわらかな色彩に溶け込む、インディゴから淡色ブルーを。
(上)¥32000/インターリブ(アラタ) (中)¥12000/リー・ジャパン (下)19000/ゲストリスト(レッドカード)

バレエ靴をカラースエードに更新

バレエシューズをカラースエードに更新
靴が新しいとコーデ全体が見違える! 
春のフェミニンなムードに合うバレエ靴は引き続き定番。華やかで、抜け感も出るカラースエードならさらなるあか抜けを約束。ラベンダー、オレンジ、ライトグリーン、フレッシュなカラーとスエードの品のよさのコンビネーションが装いに鮮度を。

(右)¥15000/セムインターナショナル(レメ) (中)¥39000/ルック ブティック事業部(レペット) (左)¥26000/フラッパーズ(スペルタ)
カラースエードのバレエシューズにすると着こなしが見違える
クラシカルなコーデに、ブルーのスエードが遊び心を添えて、肩ひじ張らない印象に。
靴¥35000/ルック ブティック事業部(レペット) ジャケット¥68000/アンフィル ワンピース¥29000/デミルクス ビームス 新宿 バッグ¥21000/セムインターナショナル(バグマティ) カチューシャ¥18000/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店 イヤリング¥9000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店 ブレスレット¥11000/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(ソワリー) 時計¥28000/オ・ビジュー(ロゼモン)

ベースカラーをネイビーにしてみる

ベースカラーをネイビーにする
土台となる色にも鮮度を加えて
毎日どこかしらに使うベースカラーを、お久しぶりなネイビーに。黒より優しくベージュ以上に知的で新鮮。白とで爽やかに。上下で使っても軽やか。白のさし色をきかせて明るく仕上げて。

ベスト¥17000・パンツ¥23000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店 シャツ¥18000/グラストンベリーショールーム(ジェームス モルティマー) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥32000/アルファ PR(アエタ) 帽子¥6000/メイデン・カンパニー(オールドソルジャー) イヤカフ¥18000/ココシュニック ネックレス¥26000/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) 時計¥23500/オ・ビジュー(ロゼモン) リング¥13000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店
ユニクロのコートなどベースカラーをネイビーにする
着こなしの仕上げにアウターで取り入れるのも簡単。
コート¥7990/ユニクロ
白との配色がはくだけでさまになる。
スカート¥22800/ビショップ(オニール オブ ダブリン)

シャツを明るいブルーにチェンジ

シャツを明るいブルーにする
着こなしの幅を広げる新しい色
ブルーのシャツは、この春多く登場している旬アイテムだから、更新しない手はない! 全身ベーシックアイテムでも、ブルーのシャツがあればこんなにも今っぽくて映える印象に。

シャツ¥19000/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店 コート¥29000(ル グラジック)・バッグ¥35000(ミミ)/ビショップ ニット¥13000(オネット)・靴¥46000(サンダース)/グラストンベリーショールーム スカート¥29000/エンリカ トートバッグ¥7900/L.L.Bean カスタマーサービスセンター メガネ¥28000/アイヴァン PR イヤリング¥46000/カドー 伊勢丹新宿店
ブルーのシャツはロング丈がおすすめ
今っぽくアウトで着られるロング丈、衿は小さめかバンドカラーを狙って。
(右)シャツ¥15800/ビショップ(オーシバル) (中)シャツ¥23000/TICCA (左)ワンピース¥15000/ノーク

最後は、定番柄にも今のムードを

定番のボーダーも今年らしい色にする
カラーボーダーが新常識
鮮度を感じる柄は、着こなしの強い味方。ボーダーは、レトロ&リラクシーに生まれ変わって。3色以上のマルチボーダーも! 懐かしいけど新しいから、ワンツーコーデも無難にならない。

Tシャツ¥12000/フィーニー ジャケット¥34000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 靴¥46000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥49000/アー・ペー・セー カスタマーサービス サングラス¥34000/モスコット トウキョウ イヤリング〈2点セット〉(一部店舗のみで販売)¥790/GU リング¥19000/LON inc.
ピンク入りのボーダーが新鮮
ピンクが入ったボーダーが女性らしくておすすめ。
(右)Tシャツ(メンズ)¥12000/アー・ペー・セー カスタマーサービス (中)カーディガン¥14000/TOMORROWLAND(MACPHEE) (左)タンクトップ¥12000/4K(フィル ザ ビル)

Ranking