【乙女座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<4/4~4/17> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「いい風吹かそう」 

4月4日に二十四節気も「清明」に移り、すべてのいのちがいきいきと輝きだす季節となっていきますが、そんな中4月12日にはおひつじ座22度(数え度数で23度)で新月を迎えていきます。 

今回のテーマは「風になる」。つまり、もはや東から吹いて草花や木々を芽吹かせていく春の風を感じ取るだけでなく、自分自身が「創造的な風のエネルギー」そのものとなって何かを始めたり、新しい動きをしていくなかで、見てくれている人々を感化していくこと。 

ちょうど、はるか南の国で冬を越したツバメが、故郷である日本へ戻ってくる時期でもありますが、昔から人びとは「ツバメが巣をつくった家は栄える」として、その帰還を歓迎してきました。 

すばやく空中を横切り、背をひるがえして方向転換する独特の動きや、大きな口をあけてエサを待つヒナたちにつがいで協力し合いながら子育てをする姿に、日本人は「清浄明潔」な精神を見出し、積極的にその風を呼び込もうとしてきたのかも知れません。 

その意味で、今期はここにこそ“いい風=創造的なエネルギー”を吹かせていきたいと願うような相手や人びと、場所、業界などをどれだけ具体的にイメージしていけるかが大事になってくるように思います。 

乙女座(おとめ座)

今期のおとめ座のキーワードは、「操られてみる」。

乙女座のイラスト
世の中にはどうした理由からか、自分と波長の合う人と合わない人とがいて、相性がいい人と話している時の自分とそうでない人といる時の自分とではまるで別人のように違ってしまうということが確かにあるものです。 
 
なぜ、私たちはそうした相性のいい相手を選んで、一緒にいようとするのでしょうか。あるいは、そうした志向や行動は、本当にわたし自身が行っているのでしょうか? 
 
それ以外の可能性、すなわち自分自身でも知らないうちに、わたしではない「なにか」によって背後から操られ、しかもこの「操られている」という状況に気づかないよう仕組まれているのではないでしょうか。 
 
精神科医の木村敏は、相性のいい相手を選ぶなどこうした「なにか」が現れる時こそ、「個人の意識の背後に貼りついた「無意識」が範囲をはみ出して」くる瞬間なのだと指摘しています。 
 
つまり、しばしば「アイデンティティ」と呼ばれる個々の自己意識とは別に、互いに結びつくことで「われわれ」という統一的な自己意識が存在し、どうしても前者は後者の得体の知れない力に吸い寄せられ、流されていくのではないか、と。 
 
現代では何かと他の人とは異なる「個性」だとか、個人の自由意志にもとづいた選択が尊ばれており、それは「個人主義信仰」とさえ呼べる代物ですが、よくよく考えてみると、私たちの人生をより大きな力で動かしているのは木村のいう「無意識」、統一的な「われわれ」なのではないでしょうか。 
 
その意味では、今期のおとめ座もまた、そうしたわたしを背後から操る「なにか」に積極的に身をゆだねてみることで、変化を加速化させていくことがテーマとなっているのだと言えます。 


参考:木村敏『偶然性の精神病理』(岩波現代文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る