『サバイバル・ウェディング』にみる、私のサバイバル婚活記〜序章〜

TOKYO PANDA
中国に11年、そして現在は台湾在住のブロガー【TOKYOPANDA】。留学中に開設したブログが中国全土で注目され、現在は子育てをしながらオンラインセレクトショップを運営中。台湾発の可愛いもの♪おいしいもの♪をはじめ、パンダさんならではの恋愛話、メイク、ファッション情報をお伝えしていきます☆


こんばんは、パンダです。
先週までの「ZARAセールコーデ」、「セブ旅行記」に引き続き、今回お送りするのは、ひさびさ【結婚】について。
『サバイバル・ウェディング』というドラマが始まりましたね⭐︎
結婚ネタのドラマが大好きな私は、毎週欠かさず楽しんでいます。

まだご覧になっていない方のために、内容を簡単にご説明しますと……

結婚目前で寿退社したアラサーの主人公(演じているのは波瑠さん♪)。幸せいっぱいのはずが、突然、相手の浮気が発覚し、しかも婚約破棄されてしまいます。
仕事も男も一気に失って、失意のどん底に。
結婚資金にお金をつぎ込んでしまった経緯もあり、このままでは生きてゆけない!大ピンチ!!
そこで、恥をしのんで元の職場に復職のお願いをしたところ、新たに紹介された職場の上司に、雇う代わりに2つの条件を突きつけられます。

①半年以内に結婚できなかったら即クビ

②上司の言う通りに婚活をすること、その体験談を雑誌に連載すること

さぁ、どうなることやら?という恋愛ドラマです。
さらにこの主人公、浮気の果てに婚約破棄された元カレになんだかんだと理由をつけては会うことを迫られると、あらぬことか会ってしまうんです! そして、そのまま元カレのペースに押し流されてしまう……。
いわゆる”都合のいい女”化してしまうんですね〜。よく聞く、あるある〜。

結婚を決断できない男は、その「あるある期間」を長~く保とうとします。
こんな状態の主人公に、婚活を指南する上司(伊勢谷友介さん演じる)は

【自分を“手に入りにくいブランド品”のように見せろ!】

という、婚活戦略を話して聞かせます。

女性の「価値」が上がれば上がるほど、男は結婚したくてたまらなくなるという理論!
ただの都合のいい女を脱却し、本命の結婚相手になれるのか?ドラマの見どころですね♪

また、ドラマの中で上司はこうも言います。

「『エルメス』のバッグはエルメスだから100万円払う「価値」がある。ノーブランドのバッグが100万円しても、誰も買わない。女性たちよ、好きな男性の『エルメス』になるのだ!」

これを聞いて、皆さんはどう思いますか?

理論上はそうかもしれないけど、そんな相手に出会えるかどうかは、自分磨きを続ける普段の努力と、そして“ご縁”だと、私は思うのですが……。
私にも過去に、この主人公と同じように交際中の男性と別れてどん底に突き落とされた時代がありました。

主人公は29歳で結婚を約束していた男性と別れますが、私は30歳の時、ながーく“事実婚状態”だった男性と別れてしまいました(これまで何度か書いていますが)。

アラサーで別れたら、そりゃ女性はけっこう落ち込みます。

問題は、そこからどう【V字回復=結婚】にもっていくか、だと思うのです。

別れてからの4カ月間はひとり寂しく、どうにかこうにか生きていました。まさにサバイバルのような、過酷な日々!!!

ですが、その失恋から約半年で、今の主人と出会い、結婚することができました!

そこまでどうやって「婚活サバイバル」をやり過ごすことができたのか? そして新しい出逢いに向かうことができたのか、次回「実録」で書かせていただきます。

結婚したい!と強く願うモアガールの参考になれば嬉しいかぎりです♪

ではまた次回!

Ranking

もっと見る

Movie

本田翼ちゃんがモアモデルになりました!! MORE9月号絶賛発売中♡