INI 木村柾哉「MINIのみなさん、やっと会えましたね」。ファーストファンミーティングレポ

INIファーストファンミーティング 感動の裏側

グローバルボーイズグループ・INI(アイエヌアイ)が、11月13日と14日に、神奈川・ぴあアリーナMMで初のファンミーティング「INI 1ST FAN MEETING」(全4公演)を開催!
グループ初となる有観客イベントに瞳を輝かせる11人と、約6000人の〝MINI”(INIのファンネーム)による、愛と笑いでいっぱいの公演となり、大成功を収めました♡

全4公演中、一番最初の13日昼公演から、MORE編集MとライターNの記憶に残った「INIの名場面6選」をお届けします。現地で感じた&配信でしっかりチェックした、INIとMINIによる初ファンミーティングの模様を振り返ります!
INI 西さんと池﨑さん
目が合ってしまった西さんと池﨑さん♪

INI プロフィール

人気サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』から誕生した11人組ボーイズグループ。木村柾哉、髙塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池﨑理人、佐野雄大、後藤威尊。INIには“『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』で出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)とつながりあう(Network)”という意味が。11月3日にデビューシングル『A』をリリースし、メジャーデビュー。

INI初ファンミーティング♡名場面6選

1:“静”と“動”が際立つ、ライブパフォーマンス

INI写真その2
息の合ったパフォーマンス
ライブパートでは、デビューシングル『A』収録の『Rocketeer』と『Brighter』、パフォーマンス初披露の『Cardio』などを含む全6曲を披露。

1曲目の『Brighter』では、現在発売中の『MORE』12月号の撮影時にも着用していた、ホワイト×ベージュを基調とした衣装に身を包み、甘く優しいボーカルと指先まで繊細さを見せたダンスでファンをINIの世界へと誘いました。

会場のボルテージが急上昇したところで、「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」時の課題曲『RUNWAY』と『ONE』を、INI Ver.で披露(鳥肌!!)!! オーディション当時から彼らを見守り応援し続けてきたMINIの歓声が、会場のいたるところから上がったのでした。

メイン活動曲の『Rocketeer』では、一転してブラック×ブルーの衣装にチェンジ。

そして、ラストナンバーは「僕たちとMINIの皆さんが出会うキッカケとなった」(木村)曲である、『Let Me Fly』。オーディション期間中は、笑顔を見せつつも緊張をはらんだ表情をしていたこの曲を、「楽しくて仕方ないっ!」とばかりの笑顔を浮かべながら、全力でパフォーマンスをする11人はとにかく尊かったです!

「この日のために、すごいものを作り上げてきました」(池﨑)と語ったとおり、オーディション後わずか半年で、パフォーマンスの精度を飛躍的に上げたINIの成長力、恐るべし。

2:尾崎 匠海の“ギラギラ時代”

Kpopラバーには特におなじみの古家正亨さんがMCを務めたトークコーナー。
“第一印象が最も印象的だったメンバーは?”の問いでは、11人中5人が尾崎さんを挙げるという結果に。

「浪速のプリンス(PRODUCE 101 SEASON2 レベル分けテスト時の尾崎・後藤・佐野のユニット)顔合わせの時、グイグイ感が怖かった」(後藤)、「僕たちの声がかき消されるほど声がでかかった」(佐野)、「すぐに肩を組んできて、びっくり」(髙塚)と、次々に当時のエピソードが暴露された尾崎さん。「あの時はせっぱ詰まってたので…」(尾崎)と、返答がしどろもどろ(笑)。一生懸命歩み寄ったり声を出していた結果が、今につながっているということですよね♡

最後は、古家さんの提案により、髙塚さん、尾崎さんの初対面時のちょっとぎこちない肩組みも本人実演により再現され(笑)、ほっこりしました。

3:“髙塚くんは大人になりたい”

高塚大夢
可愛すぎる愛嬌をご覧あれ♪
ファンミーティングといえばミニゲーム。
INIが初めて挑戦したゲームは、背中に書かれた絵や文字を伝言していく、「背中で感じろ! お絵描き伝言ゲーム!」でした。

MC古家さんの采配により、“兄チーム”“弟チーム”に分かれた伝言ゲームだったのですが、当初“弟チーム”へ入れられた髙塚さんは、ひとり複雑そうで……。「(自分は)大人らしい一面もあるので……」とアピールし、”兄チーム”への加入を要請。
髙塚さんの両隣にいた、木村さんと西さんの“お兄さんズ”になだめられていたのですが、古家さんの独断により、まさかの“兄チーム”への移籍を果たしたのでした!

その後、伝言ゲームでは“新しい漢字”が誕生したりするなど、珍回答続出(笑)。
結局両チーム、ゲームを成功させることができず、罰ゲームとして、全員が愛嬌を披露するなか、照れを隠せない池﨑さんは一人変顔。会場は歓声と笑いに包まれました♡

髙塚さんは「目指す大人になれたのか」、今後取材の機会があればぜひ聞いてみたいです。

4:マイクトラブルは“ケミ”を生む

佐野雄大
マイクトラブルを乗り越えた佐野さん
アイドルの場合の“ケミ”とは、人と人が出会って生まれる化学反応のことを言いますが、このファンミでも、たくさんの素敵なケミが生まれました!

「メンバーにキュンとした出来事は?」の問いに、藤牧さんが挙げたのは、髙塚さんがブログで綴ってくれた感謝の思い。藤牧さんが説明しようとすると、マイクトラブル発生。すると、隣の尾崎さんが、「俺のマイク使う?」と、すかさず顔ごとヘッドセットを近づけて貸してあげて……。予期せぬ至近距離に、会場は大興奮。
マイク復旧後に改めて答えようとした藤牧さんは「…………。質問なんでしたっけ?」と、へにゃり顔。ここまでまるっと最高に超絶愛らしかったです。

また、先の、尾崎さんの“ギラギラ時代”を暴露していたトーク中、突然スタッフに連行され、戻ってくる際には2本のヘッドセットを装着して現れた佐野さん。心配した松田さんが「なんかあるよ? 首に」と尋ねると、「マイク壊れちゃって」と答える佐野さん。ふたりのほのぼの~とした素の会話は、無事ヘッドセット君を通じて世界に発信されたのでした(感謝)。

5:僕たちのコール&レスポンス

ライブパートへ移る前に、お着替えタイム。
まずメンバー5人が楽屋へお着替えに行くと、その間、古家さんアドバイスのもと残った6人でコール&レスポンスの練習をすることに。

トップバッターは田島さん。僕が“たじにー?”って言うので、みなさんは“たじたじー!!”って答えてください。せーのっ」会場全体に響く「たじたじ」コール。「どうしよう……うれしい」と、両手で顔を覆いながら感極まる田島さん。※たじ:田島さんのニックネーム

この日のコール&レスポンスは高確率でジワりますので、全員分掲載します。※印は編集部の主観などによる注釈です

佐野さん→「おすだいをー?」「おす(推す)だい!!」(上手い笑) ※おすだい:佐野さんのニックネーム

松田さん→「寝る前にー?」「トマトジュース!」 ※トマトジュースは松田さんの好物♪

木村さん→「木村―?」「柾哉!」※そのまんま

許さん→「フェンフェンのー?」「ファンファーン!!」※名前がフェンファン。忘れないで♡

後藤さん→「11時になったね、一緒に寝よか?」「寝るー!」 ※甘い♡

尾崎さん→「尾崎匠海は?」「キラキラ―!!」(キラキラボイスを要求) ※尾崎さんの願望

藤牧さん→「藤牧京介はー?」「わんわん!!」 ※犬っぽさが売りです

髙塚さん→「髙塚大夢は…?」「お兄ちゃーん!」 ※髙塚さんの願望

西さん→「北~南~東~?」「西ー!」 ※戦隊ヒーロー?

池﨑さん→「理人の変顔ー?」「リピートー(理人)!!」 ※やりたかったみたいです♡

メンバーに合わせて、会場のペンライトも色が変化。MINIの、INIへの愛が伝わるワンシーンでもありました。

6:INIからMINIへのメッセージが、胸アツ♡

松田迅
盛り上げのプロ・松田迅さん
「このような広い会場でパフォーマンスできる日が来るとは想像できなかった。MINIでいてくれてありがとうございます!」と丁寧に謝辞を述べる木村さん。

「絶対に世界まで連れていくので僕たちのことを信じてついてきてください」と決意を新たにする後藤さん。

「始まる前から泣きそうになって。だらしない最年長だなと思いながらいたんですけど(笑)」と会場を和ませながらも、「ペンライトの海を初めて見て、びっくり」と感情を素直に伝えた西さん。

「J-POPでもなくK-POPでもなく、僕たちだけのINI-POPを作っていきましょう!」という許さんの言葉に、会場全体から大きな賛同の拍手が沸き起こりました。

ファンミーティングのラストは、メンバーとMINI全員で「Log in to us」(INIの挨拶)ポーズで記念写真。

INIが初めてファンと直接会えた尊すぎる時間……。ファンミーティングで聞いたMINIの大歓声が、次の大きな1歩を踏みだす、かけがえのない力となることでしょう。

最新情報は公式サイト&SNSでCHECK!

Ranking