ダンス=人生。世界的ダンサー・有働真帆さんに聞く「大人の夢の叶え方」【interview後編】

テイラー・スウィフト、マドンナ、クリス・ブラウン、ジャスティン・ビーバーなど、世界的アーティストのバックダンサーを勤めているトップダンサー・有働真帆さん。インタビュー後編は、拠点であるLAでの生活、ダンスに対しての想いや今後の目標などについてお話を聞いてきました!
→前編の記事はこちらから
ダンス=人生。世界的ダンサー・有働真帆さんに聞く「大人の夢の叶え方」【interview後編】_1

―――拠点はLAに置かれていますが、LAでの生活はどうですか?

「もともとNYに7年住んでいたので、そういう意味でアメリカ慣れはしていると思っていたんですけど、西と東じゃ全然違いますね。LAはのんびり、NYは都会的でテキパキ。その差にも最初は戸惑いました。それにLAは車がないと生活できないので、運転慣れするまでにも時間がかかりましたね……。5年経って、最近ようやくホームと感じられるようになりました」

―――NYとLA、しいて言えばどっちが好きですか?

「NYです。忙しい中でも、みんなちゃんとオシャレしているし、街並みも歴史を感じるスポットが多くあって、スタイリッシュで好き。“今日はあっちに行ってみよう”と、その時の気分で歩くことも好きなので、歩いてどこにでもいけちゃう感じがいいです。LAは気になるところを見つけても、車を止められないので(笑)。あと、NYの人達は自分の意見をはっきりと、正直に主張してくるので好きですね」

―――英語はもともと得意だったんですか?

「全然だめでしたね(笑)。高校最後の期末試験の点数とか、ひどすぎて言えないくらい(爆笑)。なので、最初は本当に苦労しました。食べたいと思っているメニューを伝えられなくて、違うものが出てきたり。かといって、それが間違っているとも言えない。喋らないと、食べたいものが食べられない! だから、ぐだぐだでもいいからとにかく喋ろうって思って……。荒業ですけど、英語力はその土地で生活するのが1番身につくんじゃないかな」 

―――海外での生活が長いですが、日本食は恋しくなりますか?

「もちろん恋しいです! 食べたいですね。なのでLAでは、日本食を求め『TCL・チャイニーズ・シアター』とかによく行きます」 

―――書かれているブログで、ラーメンが好きと拝見したのですが、LAのおすすめラーメン屋を教えてください♪

「全然更新できていない(笑)ブログも見ていただきありがとうございます。そうですね……、『YOK RAMEN』と『Tatsu – Rame』。おいしいですよ!!」
ダンス=人生。世界的ダンサー・有働真帆さんに聞く「大人の夢の叶え方」【interview後編】_2
―――LAで好きな場所はどこですか?

「まずは、ダウンタウンのアーツ・ディストリクト。おしゃれなカフェもたくさんあるので、観光にもいいですよ! それから、歴史を感じるかっこいい建物が多いグレンデール。ビーチだったら、マリブビーチがお気に入りです。雰囲気のあるところが好きですね」

―――NY、LA以外にも、ツアー等でたくさんの場所を巡ったと思いますが、特に好きなのはどこですか? また、初めての場所に訪れた際は、どう過ごされますか?

「仕事にもよるんですけど、初めての土地に訪れた時は、少しでも時間を見つけて有名な観光地に行きます! トリップアドバイザーを使って事前に調べますよ! 好きな場所はNY。住んでもいたし、特別な思いがありますから。オススメはバルセロナですね! どこを見てもとにかくきれい。定番ですが、『サグラダ・ファミリア』が素晴らしく良かったです」
ダンス=人生。世界的ダンサー・有働真帆さんに聞く「大人の夢の叶え方」【interview後編】_3
Photo: Jordan Lynn

―――有働さんにとってダンスとは? どんな存在ですか?

「一言で言えば、人生です。 仕事であり生活であり、趣味であり友達みたいな存在でもあり……。なんですかね、服を着るみたいな感じ。洋服も、いろんなものを着たいって思うじゃないですか。与えられた服をどう着こなしたらかっこいいか、どうアレンジするか。そして、自分では何を着るか。それを考えるのと同じ感覚でダンスも踊っています。だから、他の方の振り付けを踊る時と、自分が好きなように踊る時とでは、内容も気持ちも全然違うんですよ」

―――すでにいくつもの夢をかなえてきた有働さんですが、今後の目標・夢を教えてください。

「昔からずっと思っていることは、シンプルに、“今よりもっとうまくなりたい”ってことですね。ただ、この気持ちに限界はないと思うので、多分一生叶わないと思います。体が許す限りは踊っていたいですけど、作る側の仕事もしてみたいなと最近思うようになりました。自分が作ったものを見てみたい。誰かのための振り付けとか、興味ありますね。また今回、テイラー・スウィフトの「taylor swift reputation tour」でダンスキャプテンを務めたことがきっかけで、“ショーを作る”ことにも今後携わっていきたいと強く思いました」

―――ありがとうございました!
最後に、仕事もプライベートも、自分らしくがんばるモア世代に、メッセージをお願いします!

なんでもやりたいと思うことは、絶対にやったほうがいいと思います。後悔するのは嫌じゃないですか、人生あっという間ですし。もちろん、簡単に行動できない事情や、しがらみもよく分かります。(例えば、今の仕事をやめて何かにチャレンジする場合)その間の家賃はどうするとか、稼げなくて食事もまともにできなくなるとか色々。僕も、お金がなくてドーナツばかり食べていた時期がありました。踏み切れませんよね。でも、結局自分の人生だし、誰のために我慢してもしょうがない。やりたいことを行動に移せば、次の選択肢=次のステージがおのずと見えてくる。まずは、一歩を踏み出してほしい。絶対やったほうがいいです。

あと……夢を叶えるためには、決意することが大事。だって僕は思っていて。叶えるって決意すれば、そこにたどり着くまでの挫折も失敗も全部プロセス。叶えるまでやるんだから、最終的には絶対に叶うんです! ……って、なんか偉そうですね、すみません(笑)」
ダンス=人生。世界的ダンサー・有働真帆さんに聞く「大人の夢の叶え方」【interview後編】_4
●うどう・まほ LAを拠点に海外で活躍するトップダンサー。2018年度「NFL スーパーボウル」でジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショーに出演。クリス・ブラウン、テイラースウィフト、マドンナ、ファーギー、ジェイソンデルーロのワールド・ツアーダンサー。またマライアキャリー、グウェンステファニー、アリーシャキース、ジャスティンビーバー等々の大物アーティストとアワード賞、TVなどで共演する世界が注目するダンサー/振付師。テイラー・スウィフトの「Reputation Stadium Tour」には、ダンスキャプテンとして参加した。 

★公式サイトはこちら

Ranking

もっと見る

もっと見る