気持ちよく目覚めるコツと、じょうずに眠るコツを紹介!

眠活で“なんか不調”とさようなら!

なんとなく体がスッキリしない季節の変わり目。そんな時こそ頼りになるのは、日々の眠活! まだ残暑厳しい秋の初め、朝から疲れている、寝つけないといった眠りの悩みを解消&ぐっすり眠るコツを解説!

教えてくれたのは

睡眠コンサルタント 友野なおさん
友野なおさん
睡眠コンサルタント。『眠れないあなたを救う「睡眠ファースト」』(主婦の友社)など著書多数

仕事で帰宅が深夜になりがち。夕食から就寝までどのくらい時間をあけるべきですか?

最低でも2時間はあけましょう

就寝直前に食べると胃腸などが活発に働き始めて深部体温が上昇し、スムーズな入眠を妨げてしまうので2時間はあけたいですね。遅くなる場合は、18時前後におにぎりなどお腹にたまるものを食べ、帰宅後は消化にいいスープやヨーグルトなどを少量食べてお腹を満たす『分食』の工夫を」(友野さん、以下同)

最近、夜中に目が覚めてしまいます……

どうしても眠れない時は寝室を出ましょう

眠ることを意識しすぎるとかえって眠れなくなることも。ベッドを眠れる場所にするためにも、ベッドの上で眠れない夜を過ごさないことが重要。30分ぐらいたっても眠れなければ、ベッドから出て過ごして。間接照明にして時計は見ずに、塗り絵や読書、洗濯物をたたんだりしながら、眠くなったら作業途中でもためらわずにベッドへ」

おすすめのサプリ

アサヒグループ食品 ネナイト
起床時の疲労感や眠気を軽減して睡眠の質を高めることが報告されているL-テアニンを配合。機能性表示食品。
ネナイト(120粒入り30日分)¥2052/アサヒグループ食品
グリナ スティック
睡眠アミノ酸のグリシンを3000mg配合し、すみやかに深睡眠をもたらす機能性表示食品。
グリナ スティック30本入り箱(約30日分)¥5560/味の素ダイレクト

気持ちよく目覚めるコツってありますか?

音よりも太陽光の力を借りて

「起床時に太陽光が目に入ると、約14〜16時間後に眠気が訪れるよう体内スイッチが入ります。カーテンを10cmほど開けておき、朝になると光が入る環境をつくりましょう。目覚ましのスヌーズは2回までが目安。何度もかけると、かえって体がだるくなります

おすすめアイテム

めざましカーテン mornin' plus
スマホアプリと連動
手のひらサイズの本体をカーテンレールに装着し、専用アプリで設定した時間にカーテンを自動開閉。取付けはワンタッチで工具不要。防犯対策にも。
めざましカーテン mornin' plus¥7678/ロビット

Ranking