【牡羊座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/30~6/12> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「早乙女のエロばなしのごとく」

6月5日に二十四節気で「芒種」に移ると、いよいよ田植えの時期。田園地帯の水面には空や木立や山が映り、光が踊っていきますが、そんな中、6月10日には双子座19度(数えで20度)で新月を迎えていきます。 
 
今回の新月のテーマは「自分が周囲へ与える影響の再確認」。すなわち、一通りさまざまな影響を受けとって、特定のことに感動しなくなってきたことで、かえって冷静に、じゃあどんな自分はどんな影響を周囲に与えていきたいのかを改めて考えていく。そういう動きをしていくには絶好のタイミングとなっていくように思います。 
 
例えば、民俗学者の宮本常一によれば、昔は田植え時には女たちがエロばなしに花を咲かせたり、セックスのうたを歌っていたそうで、「その話の中心となるのは大てい元気のよい四十前後の女で」「若い女たちにはいささかきつすぎるようだが話そのものは健康で」あったこと。また、「エロ話の上手な女の多くが愛夫家で」「女たちのエロばなしの明るい世界は女たちが幸福である事を意味して」いたそうで、今日では田植えも人の手から機械に任され、すっかりそんな光景も消えてしまいましたが、日々の労働をやわらげ、元気に過ごしていくための材料のニーズそのものは今も昔もそう変わらないはず。 
 
つまり、何かしらの不満に対しただ声をあげたり、孤立した個の力で対抗して終わってしまうのではなくて、かつての「元気のよい」早乙女たちのように、周囲を巻き込み、集合の力を効果的に使うこと、そのためにどんなタイミングでいかなる呼びかけをしていくべきかが、今回のふたご座新月を通して問われいくのではないでしょうか。 
 
あるいは、自分の考えや提案が、どれくらい他者の共感や支援を受けられるものなのかを確かめ、誰にどんな仕方で提示していくかを判断していくこともテーマになっているのだと言えます。 

牡羊座(おひつじ座)

今期のおひつじ座のキーワードは、「手紙を書くということ」。

牡羊座のイラスト
近代世界は“液状化”した―。21世紀に入った2000年にそう説いてみせたのはポーランドの社会学者ジグムンド・バウマンでした。すなわち、私たちが暮らす社会は、既にあらゆる不動の枠がはずれてしまい、「人びとの目移りはとどまるところを知らず、きのう注目された事物はきょう忘れられ、きょう注目された事物はあした忘れられ」「期待をかき立てる原因も、不安をかき立てる根拠もまた変わり続け」「暮らしを立て将来を託すべき状況も、人とつながり離れる状況も変化し続ける」のだと。 
 
そうした世界に棲む私たちは、「ときに演技者、ときに被害者、ときに利用者として」日々変化を予期していなければならず、「常に流されて旅するしかなく、一ヵ所に静かに留まることは叶わない」生活を余儀なくされているのだとバウマンは述べます。 
 
では、そうした想定読者に向けた手紙(という設定の雑誌連載)を通して、バウマンはあえて何を企図し、どんなことを語りかけようとしていたのか。 
 
それは一言で言えば「船乗りの物語を農夫に語らせること」。 
 
彼はそれを「この上なくありふれた暮らしから紡がれた物語が白日の下にさらすのは、実は途方もないものだが、うっかりすれば見逃してしまう。そうした物語を真にありふれた物語にしたければ、一見ありふれたものごとを一度面妖な物語にしなければならない」のだという言い方で説明しているのですが、おそらくそれは他の何よりも「手紙を書く」という形式によって特徴付けられているように思います。 
 
すなわち、一見ありふれた生活、何気ない出来事のように見える「身近なもの」「いつもそばにあるもの」「常に変わらぬもの」などを、ぬくぬくとまとわりついて感受性を鈍らせる日常性から切り離し、引き剥がしたうえで、それら一つひとつを奇怪かつ不思議な謎として扱い、旅の風景を描き出す紀行文として伝えてみること。 
 
今期のおひつじ座もまた、そんなバウマン式のスタイルを自分なりに取り入れてみるといいでしょう。 


参考:ジグムンド・バウマン、酒井邦秀『リキッドモダニティを読みとく』(ちくま学芸文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking