殿堂入り

“子どもを産みたいから、結婚をするのか”。 プロデューサーがドラマ『30までにとうるさくて』に込めた想い

話題作を一気見するなら、今! 令和の20代女性のリアルに迫る

DAILY MOREで、20代~30代の恋愛・セックス体験談を取材した連載『モア・リポート』(  https://more.hpplus.jp/love/morereport )を執筆している、今年30歳を迎えたライター毒島サチコが、ABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』を企画・プロデュースした藤野良太さんを直撃取材しました。

さとうほなみさん、山崎紘菜さん、佐藤玲さん、石橋菜津美さん演じる登場人物たちのリアルさが話題の、ABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』。
藤野さんとともに、令和の女性のリアルに迫ります。
(左から)石橋菜津美さん、さとうほなみさん、山崎紘菜さん、佐藤玲さん
(左から)石橋菜津美さん、さとうほなみさん、山崎紘菜さん、佐藤玲さん

ストーリー

「どうして私たちは、年齢に縛られて生きなきゃいけないんだろう? 」
女がゆえ抱えるリアルな悩み/焦り/怒りをユーモラスかつ痛烈に描く。
現代の東京を生き抜く29歳独身女性たちの恋とキャリアとセックス、
そして友情の物語。
これはきっと、今を生きるあなたの話。
ドラマ場面写真

大切なのは自分の欲望を言語化すること

藤野良太プロデューサー インタビュー【後編】

――意欲的に働き、アンテナを張って積極的に情報を集めている女性ほど、他人と自分を比べ、自分の軸が揺らぐのではないかという指摘は大きな課題だと思います。女性がそうした状態におちいってしまった場合、どうしたらよいと思いますか?

藤野良太さん(以下、藤野さん)「30歳前後の女性の取材を通して感じたことがあります。

人生に葛藤している人は、“情報を積極的に集めている”のですが、“憧れる”だけで、自分の人生にどう生かすか、具体的にイメージできていないのではないか、ということです。

ドラマの現場にも20代後半の女性スタッフが多くいます。

『私も30歳を目前にして焦っている』という人に、『自分の欲望を言語化できる? ホワイトボードに望んでいることを書いてみて!』と問いかけてみたのですが、なかなか書くことができない。

『インスタで見た●●さんみたいになりたい』という人に、『具体的にどうやったら●●さんのようになれるのか』という点を尋ねてみると、うまく答えられないんです。

こうなりたい!という憧れの“山”は漠然といっぱいあるのですが、具体的にどの“山”に登ったらいいのか分からない状態の人は、漠然とした不安を抱きがちです。まずは、どの“山”に登るかを決めることで、欲望を言語化することが大切なのではないかと思います」
ドラマ場面写真

子どもを産みたいから、結婚をする?

――実際、私の周りにも、親や友人、上司や既婚者の人から「30までに結婚しなければダメだよ」とか「30までに子供を産まないと」と言われたことがある人が多くいます。
30歳前後の女性に対してそのようなことを言う人たちの価値観を、藤野さんは古いと感じますか?

藤野さん「『29歳のクリスマス』(フジテレビ系/1994年)というドラマがあって、その中では、29歳の女性を“結婚しているか・していないか”で分けていました。ですが、現代においては、“出産するか・しないか”という側面で分けられているのではないでしょうか。

かつては「29歳までに結婚している=子どもがいる」だったのが「子どもをつくるためには結婚しなければならない」という価値観に変化していると言えるのです。

今の日本の平均初婚年齢が、29.4歳。初産平均が30歳7ヵ月。つまり、『30歳前後で子どもを産みたい』から結婚しているとも言えます。

例えば欧米の一部の国では、「結婚はしたくないけれど子どもは欲しい」という女性に対する具体的な制度や、周囲の理解があります。

『30までに結婚しなければダメ』『30までに子どもを産まないと』と言う人たちの価値観の古さという抽象的な問題だけではなく、30歳前後の女性がそうせざるを得ない日本の制度こそ、古いと言うべきだと思います。もちろん、日本でも、未婚でも出産・育児をされている方もいますが、まだまだ少数派です」
ドラマ場面写真

精子バンクの独身利用率が50%を超える国も

藤野さん「このドラマのシナリオにも入れたんですが、デンマークの精子バンクの利用者は、独身女性が50%を越えているそうです。それは、子供の教育費が無料だったり、医療も手厚かったり、独身女性が育児しやすい制度をしっかり整えているからです。

日本において、独身女性が子供を産んで育てる環境を得るためには、依然として結婚することしかほぼ選択肢がないという状況こそ、変わっていくべきだと思います」
ドラマ場面写真

『30までにとうるさくて』に込めた想い

――最後になりましたが、『30までにとうるさくて』のポスタービジュアルは、ウェディングドレス姿ですね。

藤野さん「戦略的にそうしました。『30までに』と聞いて多くの人が連想するのが“結婚”。それに反骨するという意志をこめて、あえてウェディングドレス姿のビジュアルにしました。『30までに結婚しなければダメ?』というワードが連想されて、ドラマを観ていただくきっかけになればと思っています。そして、ドラマを通して最終的に一番伝えたいことは、『年齢に縛られるのはやめようよ』ということです。30歳前後の女性に限らず、日本社会の歪みは、“不必要に年齢に縛られている点”から生まれていると思います。

 “結婚しなきゃ”“子どもを産まなきゃ”という固定観念に支配されたり焦ったり不安になる30歳前後の女性に、リアルな取材を通して描いたドラマを通して、恋も、仕事も、結婚も、セックスも、多様性のある生き方があるのではないか……ということを伝えたいのです」
ドラマ場面写真
ドラマ場面写真

藤野良太 プロフィール

ABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』企画・プロデュースを担当。
これまでプロデュースしたドラマは国際エミー賞、バンフ世界メディア祭、ニューヨークフィルフェスティバルに出展。第10回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・作品賞受賞。第36回ATP賞テレビグランプリ・ドラマ部門奨励賞受賞。代表作は「水球ヤンキース」「恋仲」「好きな人がいること」「刑事ゆがみ」「グッド・ドクター」「僕だけが17歳の世界で」「17.3 about a sex」など

作品紹介

ABEMAオリジナルドラマ『30までにとうるさくて』

放送:毎週木曜 22時~(全8話)
放送チャンネル:ABEMA SPECIALチャンネル
企画・プロデュース:藤野良太
脚本:山田由梨
演出:金井紘
出演:さとうほなみ、山崎紘菜、佐藤玲、石橋菜津美/堀井新太、栁俊太郎/島崎遥香、中田クルミ・菊池亜希子
©AbemaTV, Inc.
■番組詳細は下記からcheck!
 『30までにとうるさくて』(無料)

最終更新日時:

Ranking

What's New

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る