コンサバはいや! 地味なのはもっとイヤ! 【シャツ】を着る日にしたほうがいいこと。

コンサバにはなりたくないけど女性らしさは欲しい。地味に見えないか不安……。そんな悩みはもう必要ない。シャツをおしゃれに着こなすための、袖を通した後の“ちょっとしたこと”はこの3つさえ実践すれば!

【1.髪を結ぶ】後れ毛がポイントの高めポニーテール

両サイドを手ぐしでざっくり上げて、高い位置でポニーテール。前髪の終わり、もみ上げ、耳の後ろ、衿あしから後れ毛を出して、そこにもスタイリング剤を。髪の結び方ひとつでおしゃれな“ハズし”になる。
シャツ¥12000/TOMORROWLAND(MACPHEE) キャミソール¥9800/ミニョン エ アンシェヌマン ルミネ有楽町店(アナカ) リング¥56000/トーカティブ アトリエ ショップ

【2.リップを塗る】ちゅるんとしたコーラルピンクのグロス

つやめき、きらめきをあくまで上品に。ストライプのシャツを女性らしく見せるのはコーラルピンクのグロス。わざとオーバーめにさらっと塗って、ちゅるんとした質感に。
シャツ¥15500/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店 メガネ¥30000/Continuer(ジーエルシーオー)

【3.香りをまとう】レディになれる、フレッシュで愛される香り

〈右〉ナチュラルで、フレッシュ。昨年誕生した新しい“N゜5 ”はやっぱり素敵。シャネル N゜5 ロー オードゥ トワレット50㎖¥12000/シャネル 〈中〉リリー・オブ・ザ・バレー、ハニーサックル。そよ風が春の予感を運んでくるような、透明感ある香り。ミュウミュウ ロー ブルー オードパルファム50㎖¥10400/ブルーベル・ジャパン 香水・化粧品事業本部 〈左〉“幸せが飛んでくる”という花言葉を持つホワイトオーキデの優しい香り。オーキデ プレミアム オードトワレ75㎖¥6800/ロクシタンジャポン シャツ¥16000/ノーリーズ&グッドマン ルミネ有楽町店
MORE2017年5月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
magazinebannerimage

Ranking

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!