【秋アウターの正解教えます!】おしゃれの目利き4人が「このアウターを真っ先買い」した訳。

MORE誌面をはじめ、様々な雑誌で活躍中のおしゃプロ4人をクローズアップ。この秋、真っ先に買ったアウターを見せてもらいました。厳選した理由や、溺愛しているポイント、着こなしのコツなど、まさに今からのショッピングに役立つ情報を教えてくれましたよ♪

新しい秋アウターが一着あれば、手持ち服を瞬時にアップデート可能!

1/4

2/4

3/4

4/4

野尻美穂さん(ファッションディレクター、スタイリスト)
"ショート丈のふわふわアウター。少し衿を抜いてルーズに"
「普段から好きなメンズライクなスタイルや古着。それにラフに合わせたくてボア素材のショートブルゾンを選びました。ボリューム袖とカーディガン風のフロントが女っぽいんです。着丈が短いのでワイドパンツとも好相性。最近はキャメルのワントーンに、黒いインナーや小物を合わせる着方がマイブーム。今日も足もとは『VANS』のスリッポンです」。

ブルゾン¥11000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ミホ ノジリ×ナノ・ユニバース)
中村真弥さん(『リムアーク』デザイナー)

"素材がユニークなブルゾンで人と差がつくオールブラックスタイル"
「ボンディング加工に近いダンボールニットのブルゾンは、ファスナーもボタンもなくすことで、すっきりとしたデザインに。はりのある素材なので、スポーティになりすぎずモードな雰囲気なのも好きなところ。ALLブラックのコーデだからこそ、カジュアルなロンTやスリット入りスカート、レザー小物などの異なる質感を組み合わせ、着こなしに奥行きを出しました」。

ジャケット¥16000・トップス¥7000・靴¥21000・ピアス¥4000/バロックジャパンリミテッド(リムアーク)
浦安真利子さん(ライター)
"クラシカルなチェック柄はテイストMIXして着こなすのが気分"
「ハンサムなグレンチェック柄のチェスターコートは、やや大きめのサイズと、丈長なシルエットがお気に入り。非日常的なサテン調のヴィンテージワンピを、アウターの適度なおじさんっぽさ(笑)で、カジュアルダウンしてみました。中に合わせるアイテム次第で、レディにもメンズっぽくも着こなせて、意外にどんなテイストにもマッチするんです♪」。

コート¥68000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)
滝沢真奈さん(スタイリスト)
"旬度満点な秋カラーと、こなれ感高まるゆるっと感にひと目惚れ"
「パッと目に飛び込む鮮やかなイエローに惹かれて購入しました。秋冬のトレンドカラーですが、今年は思いきってアウターで、面積多めに取り入れるのもおすすめです。裏地のない軽やかな一枚仕立てのウール素材なので、秋口から大活躍! リネン素材のカーディガンとニットパンツのリラックス感漂うスタイルに、こなれ感と旬のエッセンスを加えてくれます」。

コート¥43000/エミ 新宿ニュウマン店(エミ アトリエ)
●本文中にクレジット記載のないアイテムは、現在購入できない可能性がある本人私物です
MORE2017年11月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
モア11月号

Ranking

もっと見る

Movie

MORE8月号、お見逃しなく!