【牡羊座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/12~7/25> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「飛び地へとアクセスしていくこと」

6月21日には372年ぶりの夏至の日食(新月)がありましたが、7月22日からの「大暑」に前後する7月21日にはそれに続き蟹座での2度目の新月を迎えます。

今回の新月は「取り込まれるべき大きな物語」がテーマだった前回の新月に対するフォローアップ的な位置づけにあり、この一カ月のあいだに土星が山羊座へ戻り“試練や課題”が明確になってきた状況において、改めてこれからその中で生きていきたい世界や価値観を選びなおしていく軌道修正のタイミングなのだと言えるでしょう。

その際、意識していきたいのが「直感に従って選ぶ」ということ。もしいまあなたの前に二つないし複数の選択肢があるなら、以前の自分であれば無意識的にこっちを選んでいたなという“自分が逃げ込みがちな”選択肢(しかし長い目で見れば破綻が明らかな)ではなく、一見奇妙に見えたり、これまでの現実の延長線上から外れたところに現れた“飛び地”的な(したがってほとんど孤立した)特異点、すなわち未知の領野へアクセスするような選択肢を選んでいきたいところです。

牡羊座(おひつじ座)

今期のおひつじ座のキーワードは、「どんなことにも終わりは来る」。

牡羊座のイラスト
こんな経験はないでしょうか。夜中にふと目覚め、自分の存在が永遠になくなる瞬間が今にも迫っているという予感がして、ベッドで身動きできなくなる。あるいは、いつこの世から消えてもおかしくない存在なんだと、不意に感じて立ち尽くしたり。

『百年の孤独』という小説は、マコンドという蜃気楼の立ち込める村に住む開拓者一族・ブエンディア家の物語で、さまざまな出来事が永遠の輪廻のように起こり、そのどれもが実に緻密に描かれています。

土地と人間とがほとんど不可分なほど結びついたこの村では、語るという原初的な力を持った衝動が、狂気に近い熱気をもって旺盛に紡がれていくのですが、それは100年に及ぶ物語の結末においてすべてが土埃と化し、消滅していく死が待ち受けていることを、家そのものが感知していたからかも知れません。

そのあいだにも、この物語では死はしょっちゅう、あたりまえのように起こり、登場人物たちは自分の死を自然の摂理のごとく受け入れていくのです。それぞれの仕方で。そうした態度はいつの間にか読者にも刷り込まれ、どんなに素晴らしい物語もいつか終わりがくるものであり、それを望む自分がいることを受け入れられるようになるはず。

そして、それは今のおひつじ座にとっても必要な態度のようです。何を終わらせ、それをどんな物語として語り継いでいくべきか。今期はひとつ「村の語り部」になったつもりで、自分のよく見知った「家」の来し方行く末を眺め渡してみるといいでしょう。


出典:ガブリエル・ガルシア=マルケス、鼓直訳『百年の孤独』(新潮社)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る