「リングピロー」や「ブライズメイド」・・・・・・"結婚式ワード"の言い伝えのホント、知っていますか?

Daily MOREの【6月月間特集】「最高で"最幸"の結婚がしたいっ!」もいよいよ8回目! 今回のテーマは「”結婚式ワード”にまつわる言い伝えのホント」。式の定番「ケーキ」にも、そんな言い伝えや意味があったんだ!! と知ればより感動する話から、「え? そうだったの!?」とあまり知らなかった話までたくさんお届けします♪


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥
結婚を夢見る女子ならきっと一度は聞いたことがある、“結婚式ワードにまつわるいろんな言い伝え”。たとえばブーケを受け取った人が次の花嫁、幸せになれるという「ブーケトス」は有名だけど、「サムシングフォー」や「ブライズメイド」の本当の“言い伝えや意味”、知っていますか?

そんな”結婚式ワード”の疑問を解決するため、いま日本で1番結婚式を手がけている『株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ』に所属するウエディングプランナー 藤井美咲(ふじい・みさき)さんにお話をうかがってきました!
【教えていただいたのはこの方】
ウェディングプランナー 藤井美咲さん。東京・表参道駅徒歩5分に佇む貸切一軒家、ヨーロッパテイストとアジアンスタイルが融合したリゾート感あふれるハウスウエディングが叶う『表参道テラス』でチーフを勤める。

「ブライズメイド」は悪魔の目をくらますためって知ってた!? 

まずは結婚式ワードのなかでも「サムシングフォー」や「リングピロー」など、私たちがよく聞く”結婚式ワード”から!

■「指輪」について

「その前に、まずは指輪の意味をおさらいしましょう! 結婚と言えば指輪ですが、まるいリングには“2人の関係に終わりがなく、永遠”という意味があります。そして、左手の薬指にはめる理由は、左手の薬指の血管が心臓に直接つながっているためなんです。素敵ですよね♪」(藤井さん、以下略)
写真 : Iribo / PIXTA

■「サムシングブルー」、「サムシングフォー」について


では、本題にいきましょう。結婚式の当日、花嫁がなにか青いものを身につけると幸せになれるという「サムシングブルー」の言い伝えを聞いたことがあるけど、これってホントですか? また「サムシングフォー」も聞いたことがあるけど……。

「『サムシングブルー』の言い伝えは、本当です。また『サムシングフォー』は『サムシングブルー』を含めた花嫁の幸せを願う4つのアイテムのことを言い、【新しいもの・古いもの・借りたもの・青いもの】を指します。この言い伝えは“信仰”として実際に取り入れている方も多く、式の当日に花嫁が身に着けられるもので取り入れると良いですね。たとえば、『サムシングニュー』は式で初めて身につけるなにか新しいもの、『サムシングオールド』はお母様が身に着けてられているネックレスや髪飾りなどなにか古いもの、『サムシングボロー』はベールやハンカチなどご友人や誰かから借りたもの、そして『サムシングブルー』としてなにか青いもの、などですね」
■「ブライズメイド」について

続いては、”誰にお願いしよう♡” と考えてしまう「ブライズメイド」について。未婚じゃないとお願いできないと聞くけど本当? どういう役目なの? 気をつけることなどはありますか?

「『ブライズメイド』には、幸せなご新婦に悪魔が寄りつかないよう惑わせる役目があります。未婚の方にお願いするのが望ましいのは本当ですね。理由は、ご新婦と同じ年代、同じような立場の女性にお願いをすることでより悪魔の目をくらませられるから。そのために同じ衣装や色味のドレスを着るのです。ただやはり、白いドレスを着てしまうとせっかくの花嫁姿が目立たなくなってしまうので、ブーケなどアイテムでそろえるのも素敵ですね」
■「リングピロー」について

インスタグラムなどでよく見かけるかわいい「リングピロー」。取り入れている人も多いけど、これってただ“指輪を飾るためのもの“なんですか?

「いいえ。本来の意味としては“指輪を飾るためのもの”ではないんです。『リングピロー』は、ヨーロッパの風習でリボンや縄を結ぶことが約束を意味し、結婚を表したと言われていることに由来しています。結婚式で使った『リングピロー』を、のちに赤ちゃんが産まれた時の『ファーストピロー』(最初の枕)として使うと、赤ちゃんがすくすくと育ち幸せになるというのが本来の言い伝えなんです。このことを知っている方は意外と少ないのでは? と思います」
写真:Baliuk / PIXTA

■「ケーキ」について

結婚式の定番「ウエディングケーキ」にも、なにか意味があるの?

「結婚式に欠かせない『ケーキ』には“人生の幸福や繁栄、豊かさの象徴”といった意味があります。その昔、砂糖が貴重だった頃、”(砂糖がたくさん使われた)甘いケーキこそ豊かな人生を歩める”と言われ、結婚式にぴったりな食べ物として取り入れられるようになりました。また、ご新婦が自分で『ケーキ』をつくり嫁ぎ先に持っていくという風習もあったそうで、嫁ぎ先はそのケーキを見て”安心して料理を任せられる花嫁だな”“ 料理のできる女性なんだな“と判断していたんです。つまり【ケーキは料理ができることの象徴】だったんですよ!」
■「ファーストバイト」について

それなら、新郎新婦が互いにケーキを食べさせあう「ファーストバイト」にも、何か意味がありそうですね!

「はい。そうなんです。ご新郎からご新婦へは“一生食べるものに困らせないよ(=お金に困らせない)”、ご新婦からご新郎へは”一生おいしいものを食べさせるね“という意味があります。今の時代なら、立場が逆というケースもあると思いますが、いずれにせよ『ファーストバイト』を行うときには少しだけこの言い伝えを意識してみると、さらに愛が深まるかもしれません♡」

結婚式にはオレンジが深く関わっている!? あまり知られていない素敵な言い伝え♡

ここからは数ある”結婚式ワード”の言い伝えの中で、プロの藤井さんの経験や視点から「あまり知られていなそうな言葉」や「せひ意味を知ってほしい言葉」を教えていただきました。まずは、あまり知られていない”オレンジ”の話から!

■「オレンジ」の話と「花嫁=純白」の由来。
写真:max8xam / PIXTA

●オレンジ(花)の話。

「ギリシャ神話では、天帝ゼウスが結婚するときに妻である女神ヘラに贈った花がオレンジの花だったとされています。そのためオレンジの花には“花嫁を守り、しあわせに導く力がある”という言い伝えがあるんです。またオレンジ自体にも『女性・多産』 という意味があることから、実はオレンジは結婚式にぴったりなんですよ♪」
●「花嫁=純白」の由来。

「また、ヨーロッパではプロポーズのときオレンジの実を渡して結婚を申し込んだり、式当日に花嫁が髪飾りやコサージュとしてオレンジの花を身に着けたりします。これも、ギリシャ神話でゼウスがヘラにオレンジの花を贈ったことがはじまりだと言われています。結婚式の朝、花婿から花嫁へ白いオレンジの花束が贈られ、白いブーケを持ち、白いコサージュをつけ、白いバージンロードを、白いドレスを着て歩く・・・・・・。花嫁が“純白”で包まれるようになったのもこうした由来があるから、という言い伝えもあるんですな♡」

「花嫁=純白」がギリシャ神話やオレンジからきているなんてまったく知らなかった。素敵すぎる!!

■改めて知りたい「ベール」と「バージンロード」

「また、ウエディングプランナーとして、あらためてモア世代の女性にお伝えしたいなと思ったのが『ベール』と『バージンロード』の言い伝えです。まず、ご新婦のお母様が、娘への最後の身支度として行う“ベールダウン”から始まるバージンロードは、人生を表すと言われています。お母様に“いってらっしゃい”と見送られたら、1歩目は1歳、2歩目は2歳……、と今までの人生を振り返りながら歩くのです。そして、花婿のもとに到着してベールをあげる“ベールアップ”には、“2人の壁をなくす”という意味があります。“この先2人をさえぎるものはなにもありません”という意味から、誓いのキスをするのです」
「最後に、これから結婚式を考えている方に、ぜひ取り入れてほしいと思うのが『ファーストミート』。欧米では“結婚式の前にご新婦の花嫁姿を見ると幸せになれない”という言い伝えがあり、花婿は式の当日まで花嫁姿を見ないようにしています。日本ではあまり馴染みがありませんが、このことをひとつの演出として取り入れるんです。おふたりは別々の場所で準備を行い、式の直前に初めてお互いがドレスアップした姿を披露する……。あまりピンとこなくても、この映像を見たら取り入れたい! と思うに違いありません。思わず涙、もしくは号泣のファーストミート。感動のシーンをごらんください♡」
■【涙の結婚式】最愛の新郎へ贈る想い~ファーストミート~ガーデンヒルズ迎賓館 松本(T&G)

ホントの意味を知ったいま、より感動的な結婚式を迎えられるでしょう♡

いかがでしたか? 心があたたまる素敵な言い伝えばかりでしたね。私のまわりはいま第一次結婚ブーム。今回教えていただいたことは、これから式を迎える友人たちにしっかり伝えたいなと思うのと同時に、いつか迎える自分の結婚式のためにもしっかり記憶にとどめておきたいと思います♡
写真 / by YU&MEGUMI wedding @megugugu1006

取材にご協力いただいたのは


『株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ』

1998年の創業以来、オリジナルウェディングにこだわり続け新しいスタイルとして創りあげた「ハウスウェディング」「一軒家貸切」「一顧客一担当制」が強み。挙式施行数は日本一で、年間2万組以上の式を手がける。ウェディング事業以外では、ドレス事業やホテル事業にも力を入れ、2017年5月には直営ホテル『TRUNK(HOTEL)』をオープン。

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE8月号、お見逃しなく!