【蟹座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/3〜5/16> 月のパッセージ―新月はクラい、満月はエモい―

12星座全体の運勢

「濃密なエモを嗅ぎとって堪能すればいい」

5月7日は鞍馬寺などでブッダの生涯を祝うウエサク祭が催され、蠍座で満月を迎えます。今回の蠍座の満月は「FULFILLMENT(約束の履行と実現)」がキーワード。これは言い換えれば「変容の成就」ということでもあり、古いパターンからの脱却や離脱、引きこもり期間の後に、人生のユニークでカラフルなビジョンに目覚めることがテーマとなっています。今週はできるだけ現実の豊かな匂いや味を堪能していくことで、心が昂揚する「エモッ!」を研ぎ澄ましていきたいところ。 

蟹座(かに座)

今週のかに座のキーワードは、「檸檬(れもん)」。

蟹座のイラスト
「レモン(Lemon)」と言えば、多くの人にとって米津玄師の楽曲を思い浮かべるかも知れませんが、喚起するイメージの鮮烈さという点では今でもやはり梶井基次郎の書いた『檸檬』に勝るものはないでしょう。

「一体私はあの檸檬が好きだ。レモンエロウの絵具をチューブから絞り出して固めたようなあの単純な色も、それからあの丈の詰った紡錘形の格好も。」

そう思って買った檸檬を、作者は何度も鼻に持ってきては「鼻を撲(う)つ」という言葉をきれぎれに思い浮かべます。それから、たどり着いた丸善で棚から引き出した重たい画集を何冊も積み上げた上に載せた檸檬を、「ガチャガチャした色の諧調をひっそりと紡錘形の身体の中へ吸収してしまって、カーンと冴えかえっていた」と描写するのです。

しかもその後、自分を「丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆弾を仕掛けてきた奇怪な悪漢」に重ね、大爆発したら面白いなどと妄想する始末。これほど救い難いエモイストは滅多にいませんが、今週のかに座であれば、それくらい過激な遊びの方が心地いいはず。


出典:梶井基次郎『檸檬』(ちくま日本文学028)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。 

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る