【天秤座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/3〜5/16> 月のパッセージ―新月はクラい、満月はエモい―

12星座全体の運勢

「濃密なエモを嗅ぎとって堪能すればいい」

5月7日は鞍馬寺などでブッダの生涯を祝うウエサク祭が催され、蠍座で満月を迎えます。今回の蠍座の満月は「FULFILLMENT(約束の履行と実現)」がキーワード。これは言い換えれば「変容の成就」ということでもあり、古いパターンからの脱却や離脱、引きこもり期間の後に、人生のユニークでカラフルなビジョンに目覚めることがテーマとなっています。今週はできるだけ現実の豊かな匂いや味を堪能していくことで、心が昂揚する「エモッ!」を研ぎ澄ましていきたいところ。 

天秤座(てんびん座)

今週のてんびん座のキーワードは、「肌身」。

天秤座のイラスト
大正時代に永井荷風が日本の花街で繰り広げられた新旧の芸妓たちによるライバルや客との恋の勝負を描いた『腕くらべ』には、「その肌の滑らかさいくら抱き〆めて見ても抱き〆めるそばからすぐ滑り抜けて行きそうな心持」といった、いささか古めかしくはありますが、現代人が読んでも思わずうっとりしてしまうような描写がこれでもかと登場します。

そこには現代人もよく使う「すべすべ」とか「するり」といった擬態語(オノマトペ)などが既に使われていて驚くのですが、一風変わった表現としては「菊千代の肌身はとろとろと飴のように男の下腹から股の間に溶け入って腰から背の方まで流れかかる心持」というものがあります。ここでも「飴(あめ)」という比喩イメージに、「とろとろ」という擬態語を添え、「(下腹から背の方まで)流れかかる」という感覚に訴えかけていくことで魔術的な相乗効果が生まれていくのが感じられるかと思います。

もちろん、これは一種の誇張表現ではあるのですが、今週のてんびん座もまたいかに自身の感覚体験を既存の狭い枠の外へとどれだけ拡張していけるかが問われていくでしょう。


出典:永井荷風『腕くらべ』(岩波文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。 

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る