【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_1

1/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_2

2/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_3

3/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_4

4/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_5

5/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_6

6/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_7

7/8

【ベージュ/カーキ/ブラウン】いちばんおしゃれに見える色・買うべきアイテムリスト☆記事Photo Gallery_1_8

8/8

レオパードスカート+とろみノーカラーシャツ
とろみ素材なら、わざと体を泳がせる。きれいな落ち感に身を任せれば、それだけで素敵! 曖昧な色のトーンに、てろてろと曖昧な質感。メリハリをつけないことで、上手に体のラインを隠しながら“なんとなくおしゃれ”なムードに変わる。だからシャツはあえてインせず、ゆるっと着るだけ。
Gジャン¥28000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥36000/バーニッシュ バッグ¥26000/エリオポール代官山(デルコンテ) ピアス¥2800/ジオン商事(セピカ)
アノラックプリーツスカート
素材の“かたさとやわらかさ”でメリハリをつくってみる。着心地はラクしながら、いちばんおしゃれっぽい! はり感のあるトップスと、ひらひら揺れるスカートと。近いトーンの色同士を合わせるからこそ質感の違いがメリハリになり、おしゃれ上級者へと近づく。
靴¥44000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥22800/セムインターナショナル(エンシャラー) ピアス¥4600/シップス 渋谷店(インク アロイ) ブレスレット¥7000/アルアバイル バングル¥6000/UTS PR(ノース ワークス)
フレンチシックブラウスタックワイドパンツ
インする? アウトする? 今までとは“逆”がいい。ブラウスならミニマルに、衿があるトップスはラフに。今までブラウスはアウトして可愛く着ていた人も、これからはインしてみて。ふんわりやわらかな色合い、きゅっとミニマルなシルエット。その対比が導くのは、決して退屈ではない“絵になる”上品さ。
靴¥22000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ツル バイ マリコ オイカワ) バッグ¥16000/モットハウス・トーキョー(スーリョ) イヤリング¥11000/エリオポール代官山(ドミニク ドゥネーヴ)
プリーツスカート開襟シャツワンピース
長いものに、さらに長いものを重ねる。“ワンピース=一枚で着る”、のちょっと先へ行ってみよう。ワンピースの下に重ねるプリーツスカート。いちばん今っぽいレイヤードでつくる“おしゃれな体”。リーンなシルエットは凜とした美しさと自信につながる。
靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) 帽子¥18000/アルファ PR(カムズアンドゴーズ) イヤリング¥9800・リング¥25000(2点ともルフェール)・バングル¥29000(ノース ワークス)/UTS PR
ポロニットタックワイドパンツ
逆に衿のあるトップスはきれいに着るだけでは少し退屈。ボタンはきっちり留めて、裾はラフに出す。そんなおしゃれなパラドックスで着くずす感覚で。
靴¥24000/フラッパーズ(スペルタ) バッグ¥6500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(リラキャンベル×バブファン×ナノ・ユニバース) ヘアバンド¥800/お世話や イヤリング¥6500/デミルクス ビームス 新宿(ジュール クチュール)
ベージュは"今っぽい"もの!
さりげなく、やわらげてくれる色だからおしゃれの冒険をするくらいがちょうどいい!
A.いちばん新鮮で、ハッと目が留まる柄。ベースがベージュの“マイルドレオパード”なら悪目立ちすることなく、軽やかに、爽やかに。¥22000/ルーニィ
B.セットアップが映すのはこの春トレンドのきれいめ気分。ベージュだから堅苦しくなくおしゃれに着られる。ジャケット¥32000・パンツ¥16000/ルーニィ
C.やわらかで上品なベージュの力で、“本気じゃないスポーティ”の絶妙さ。¥29000/ボウルズ(ハイク)
D.ギャザーやパフ袖。甘さのある服も決して子供っぽくしない。¥13000/セルフォード ルミネ新宿1店
ブラウンは"シンプル"なもの!
この色っていうだけで最高に今っぽいから、やりすぎない“普通”のデザインがむしろいい。
E.女性らしいシックさとわざとおじさんみたいなおしゃれ感。ブラウンだから一枚にふたつの魅力。¥26000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー)
F.どんなトップスもたちまちおしゃれに。シルエットの美しさも際立つ。¥31000/FUN Inc.(アイロン)
G.Tシャツなのにブラウスのきれいさもいいとこ取りしたような。¥8000/ビショップ(ハンドバーク)
H.ブラウンのプリーツスカートは“大人の余裕”で着るイメージ。新たなフェミニンを教えてくれる。¥22000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)
カーキは"女っぽい"もの!
メンズライクなカッコいい色だから、上品で凜とした理想の“女っぽい”に近づける。
I.女っぽいカーキでまず手に入れるべきは“フィット&ちょいフレア”のワンピース。ウエストはキュッと結べるデザインで。¥40000/FUN Inc.(アイロン)
J.シャツとブラウスの“ちょうど真ん中”のトップスは淡いトーンのカーキがいい。¥17000/リエス
K.肌見せが絶対下品にならないこと、肉感を拾いすぎず、細く見えること。それもこの色のいいところ。¥23000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山)
L.これからのカーキのボトムのスタンダードは、カーゴパンツじゃなくてこっち。¥18000/ルーニィ

Ranking

もっと見る