光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」 記事Photo Gallery

“11月の光のイベント”と聞くと、クリスマスイルミネーションを思い浮かべる方が多いと思います。でも、10/31(水)から11/4(日)までの5日間、みなとみらいで開催される光のイベントは、新たな夜景の創造を試みる、ちょっと不思議でおもしろい国際アートイベントなんです♡ (以下、写真はイメージです)
光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」1

1/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」2

2/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」3

3/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」4

4/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」5

5/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」6

6/7

光のアートイベント「スマートイルミネーション横浜 2018」7

7/7

今年で8回目の開催を迎える【スマートイルミネーション横浜】の主な舞台は、「横浜赤レンガ倉庫」と「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」の間にある「象の鼻パーク」。国内外のアーティストら全15組がつくりあげた19品のアートプログラムが展示され、幻想的な空間が広がります。

見るだけじゃなく、自分がアートの一部となり、光のお絵かきを楽しんだり、音と光を操ったり。目の前の景色にうっとりする瞬間もあれば、わっ! と驚き興奮することもあって、楽しくロマンチックな時間を過ごすことができますよ♡
VV-IEW(ダブルビュー)/ 横浜市立大学 鈴木伸治ゼミ

“イルミネーションを開発するのではなく、横浜の夜景を鑑賞する場をデザインする”ことから発想した作品。水辺に設置されたバーカウンターから眺める夜景は、眼前の水盤によって反転され、二重(ダブル・ビュー)に★
「音色ランデブー」 / 髙橋匡太

来場者がアクションを起こすことで奏でられるふたつの音の色が交わると、もう一つの新たな光の色があらわれる。象の鼻パーク全体を使った、光が出会うライトアップ。
光のらくがき / 株式会社中川ケミカル

ペンライトを使い、蓄光シートのパネルにらくがきを。来場者が自由に光で描くことを楽しむ空間。似顔絵を描いてみるもよし、好きな言葉を書くもよし、思い思いに楽しんで♪
虹の撮影台 / パイフォトニクス株式会社

白色LED光源を分光して虹色光を発生するLED照明「ホロライト・レインボウ」を内蔵した撮影台から現れる虹。フォトジェニックも狙えちゃう★
Star ☆ Jam Street ~ 清掃楽器音楽夢想 ~ / TETSUJIN (髙橋哲人、モシ村マイコ)

音と光を演奏できる"清掃楽器"ホウキギター、デッキブラシベース、はたきドラムなどによる、参加型のインタラクティブアート。街を行き交う人が演奏に参加する事でセッションが始まり、相手と息を合わせて音を重ねていく事で音楽が生まれる。笑顔とワクワクに溢れたアート。
5日間だけしか見られない特別な景色を、記憶と写真にしっかり残してくださいね♡ それと、イベント会場である「象の鼻パーク」にある「象の鼻カフェ」には、おいしくて可愛い「ゾウノハナソフトクリーム」が売られているので、そちらもお見逃しなく(笑)♡ イベントに(カフェも)興味をもたれた方は、ぜひ行ってみてください♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
「スマートイルミネーション横浜 2018」

開催日:10/31(水)~11/4(日)
※一部プログラムは2018年12月末まで展示
時間:17:30 ~ 21:30
場所:象の鼻パーク、横浜市内各所

Ranking

もっと見る