殿堂入り

女子の結婚相手の決め手特集 - 決め手の理由アンケートや見極め方、エピソード集、座談会、Q&Aなど

最高の結婚相手を見つけたい! 結婚相手の決め手は?

「恋人はいるけど、本当にこの人でいいかわからない」「そもそも結婚相手ってどうやって選べばいいの?」など、結婚の決め手迷子な女子も多いのでは? 結婚の決め手理由アンケートや愛妻コンサルタントの教える見極め極意、決め手Q&A、既婚女子たちが語るエピソードまで徹底紹介!

女子の結婚の決め手No.1は…やっぱり〇〇の実感!

女性が、結婚を決めるうえで重要視するのは、相手の何気ない言動から感じる自分への愛や、何があっても大丈夫と思わせる誠実さ。“愛されている”という実感が、自信や安心感を与えてくれるので大切だという結果に。

※23〜32歳の既婚女性150名にインターネットによる調査、結婚の決め手座談会の結果

既婚女子が語る結婚の決め手5つ

23〜32歳の既婚女子に、<結婚を決めた今の夫の「魅力」>とはなんだったのかを調査しました。人生を共に歩むうえで譲れないポイントを、既婚者のリアルな声とともに発表します。

※23〜32歳の既婚女性150名にインターネットによる調査を実施

【決め手1】どんな時も変わらない愛情深さ

長い結婚生活には、楽しいこともあればつらいことも。どんな場面に直面しても夫婦で、手を取りあって乗り越えるには、やっぱり“深い愛情”の実感がマスト!
●リアルボイス●
「定期的に言葉や態度で、愛情表現をしてくれる。なんとなく察するよりきちんと伝えてくれるのがうれしい!」

「ささいなことで私が感情的になっても優しく、静かに話を聞いてくれる。これは恋じゃなくて愛だなと思いました」

「友達や趣味が最優先で、私の優先順位が低かった元カレ。夫は私をいちばんに考えてくれる」

「友人の集まりで、自分のことは差し置き人のために動く姿を見て、心の広さ、愛情深さを感じた」

「私が仕事でつらい時、夫も仕事が忙しいのに支えてくれた。その包容力に、この人ならついていけると思いました」

「自己中心的で否定ばかりしてきた元カレに対し、夫は優しく私の話を聞いてくれて寄り添ってくれる

【決め手2】将来設計ができる経済力&金銭感覚

生きていくうえで考えざるを得ないお金のこと。子供ができたら、家を買うなら、病気になったら。将来かなえたい生活スタイルや不測の事態にも心の余裕を持って対応するのに経済力は重要!

●リアルボイス●
お金に対する感覚が一緒。節約意識があるかどうかは重要!」

「元カレはサプライズやプレゼントは上手だったけれど、お金に無頓着。今思うと、勢いで結婚しなくてよかった……」

「経済力があるので、将来設計を立てやすい。子育てや病気など万が一のことがあっても対応できるので安心感があります」

【決め手3】共働きの必須条件! 家事能力

共働き時代、家事をひとりで担うのは困難! 夫婦が協力しあいながら家事をこなすことが、円満な関係を続ける秘訣。料理? 洗濯? 掃除? 家事能力は男子の大事なスペックのひとつに!

●リアルボイス●
「仕事で疲れているのに、家事が残っていたら片づけてくれるうえに、“いつも家事や育児をありがとう”ときちんと言ってくれるので救われる」

「休日は、積極的に料理をしてくれる。しかもおいしい!」

「同棲していた元カレは家事はすべて私に任せて家でも仕事ばかり……。今の夫は私の仕事も大切にしてくれて家事もどんどん上手に」

【決め手4】仕事や趣味……。価値観が共有できる

物ごとの考え方や趣味嗜好など、それぞれ違う夫婦ももちろんいるけれど、シェアできるほうがうれしい人が多い模様。「そうだよね!」という共感が夫婦の絆に。

●リアルボイス●
「許せること、許せないことの基準が一緒!」

「共通の趣味で知りあった私たち。夫婦⇔趣味友達の関係が楽しい!」

「元カレに仕事の話をすると、上から目線で説教されて苦痛だった! 今の夫は共感してくれて一緒に解決してくれる」

【決め手5】ちゃんと家族を大切にする

家族になる=お互いの親や親族とのつきあいもスタートするということ。相手の家族も大切にできれば、ストレスフリーな結婚生活が送れる&これから築く家庭も円満が続くはず

●リアルボイス●
「お盆や年末年始……、親族づきあいは家族になれば必須項目! 夫は私の親族とも面倒がらずに仲よくしてくれるのがうれしい」

「元カレは、自分の親に対して態度が横暴。今の夫は、家族を何よりも大事にしているところが素敵」

「両親に会わせた時、初対面とは思えないほど打ち解けていた。新しい家族の形に思わず感動……!」

アナウンサー・久慈暁子さんの結婚の決め手リアルストーリー

今年5月に結婚した、元フジテレビアナウンサー久慈暁子さんがその選択をした理由を公開! 結婚に踏み切れない読者から集まったお悩みにもズバッと回答してくれました。
久慈暁子さんプロフィール
くじ・あきこ●1994年7月13日生まれ、岩手県出身。学生時代は、雑誌『non-no』の専属モデルとして活躍。その後、「フジテレビ」に入社し、アナウンサーに。2022年4月にフリーに転身。同年5月に結婚。
Instagram:kuji_akiko

彼を尊敬できたから結婚に迷いはなかった

女子の結婚相手の決め手 久慈暁子さん
細かなコミュニケーションの積み重ねから「この人なら信じられる」と確信しました
今年5月に、プロバスケットボール選手の渡邊雄太さんと結婚した久慈さん。結婚を意識するきっかけになったのは、落ち込んでいた時にかけられたひと言だという。

「私たちは、日本とカナダの遠距離恋愛だったので、毎日電話をしてコミュニケーションを取っていました。最初のうちは、時差があり、自分の話をするのは迷惑かも……と思っていたのですが、一度すごく落ち込んだ時に悩みを打ち明けてみたんです。そうしたら、『大変な時に一緒にいてあげられなくてごめんね』と声をかけてくれて。私を思いやってくれるひと言に、人生はいい時もあれば悪い時もあるけど、この人とならどんな時でも大丈夫、と思えたんです」

その後も、パートナーとコミュニケーションを重ねていった。

毎日必ず連絡をくれるマメな人だったので、遠距離でもまったく心配することがなかったことも決め手になりました。たわいもない会話を通して、価値観や金銭感覚などが似ていることがわかったし、彼の誠実で自分にはない一面が、どんどん見えてきたんです。たとえば、当たり前のことかもしれないけど、何かをしてあげたら、きちんと『ありがとう』と伝えてくれるところとか。尊敬できる部分を知るほどに、結婚のイメージがはっきりとしていきました」

とはいえ、結婚を決める時に、少しは迷うこともあったのではと尋ねると、「それがまったくなかったんです」と潔い回答が。

「コミュニケーションを密に取っていたので。カップルになるとその関係に油断して、気持ちを言葉にするのを忘れがちになりますよね。でも、いくら親しい関係といえど、自分の想いや考えは、きちんと言葉にしないと伝わらない。だから、包み隠さずオープンに話すことを大切にしていました。そうやってお互いの信頼度が深まったから、迷うこともなかったんだと思います。ちなみに、大事な話をする時は、彼のタイミングも気にするようにしていましたね」

“信頼”を決め手に結婚した今、幸せですか?

「絶対的な自分の味方ができたので、とても幸せです!」

ワンピース¥25300/Stola. イヤリング¥3630/サンポークリエイト(mimi33)

結婚の決め手Q&A! 悩む女子たちへ久慈暁子さんがアンサー

女子の結婚相手の決め手 久慈暁子さん
収入、家族関係などが不安で結婚を決めきれないという読者に久慈さんが「私ならこうする」と解決方法を提案します!

Q.彼のことが好きだけど、私より収入が低くて不安です……

「人生って何が起こるかわからないから、結婚後に相手が無収入になる可能性だってあると思うんです。だから、自分が稼いで相手に収入を求めない。または、相手の収入を一緒に管理するかな。そうすれば何年後かには貯金ができているはず」

Q.結婚したら彼の両親との同居をお願いされました。彼のことは大好きで結婚したいけど、一緒に暮らすのはちょっと……

「私ならまず彼に自分の意思を正直に伝えます。私の意見も尊重してくれる人であれば、ご両親を傷つけないような伝え方を一緒に練りたい。ふたりだけで暮らしたい理由をていねいに伝えれば、彼もご両親もわかってくれる可能性はあると思います」

Q.彼にときめかないけど、結婚して大丈夫ですか?

「夫婦になると恋愛中に感じていた、ドキドキが減るのは自然なことなのでは。私は、ときめきより安心感が大事なタイプで。でもときめきは、いつもと違うおしゃれをして、ディナーに行ったりすれば、つくれると思います。パートナーにキュンとしたいのであれば、愛されるべくちょっとした努力は、必要なんじゃないかなと!」

Q.転勤が多い彼なので、結婚して知らない土地に住めるか心配です

「私は、“この人とだったらどこに行ってもいい”と思えるほどの気持ちになって結婚に踏み切れた。どんな場所に行ったとしても、彼さえいれば大丈夫という確信や、共に暮らしている姿が、想像できれば大丈夫だと思います」

Q.結婚後も働きたいのですが、彼に「専業主婦になってほしい」と言われました

「自分の意見を伝えてもまったく聞く耳を持ってくれないのなら、結婚後もあらゆる場面で我慢を強いられてしまうかも。私だったら、結婚を考え直すかもしれません。でも、もしかしたら家のことをするのが自分に向いている可能性もあるので、試してみるのもありかもしれない!」

最高の結婚相手を見つけたい!「持ってる夫」を見極める極意

【教えてくれたのは】愛妻コンサルタント 萩中ユウさん

誰もが憧れる結婚生活を実践する愛妻コンサルタント・萩中ユウさんが、モヤモヤをスパーッと晴らします!
女子の結婚相手の決め手 愛妻コンサルタント 萩中ユウさん
“愛され妻を増やす”をモットーに活動。自身の経験をもとにしたパートナーシップ論を、自身のブログやオンラインサロンにて発信。『終わらない恋のはじめ方』や『欲張り恋愛論』など、著書多数。
Instagram:yu_haginaka Twitter:@yu_haginaka

自分軸をしっかり持って、相手に求めるものを明確化した先に出会えるベストパートナー

「幸せな結婚生活とは何か。それは、お互いが“自分軸を持って生きること”だと思っています。私が夫との結婚を決めた理由は、私の人生において仕事が最優先であることを理解してくれて、支えてくれる相手だったから。まずは、自分が歩みたい人生像、大切にしたいこと、そして結婚相手となる人には自分にとってどんな存在でいてほしいかを具体的に考えてみてください。“自分軸”を置き去りにして相手のスペックばかりで判断しようとすると、うまくいかなかった時も相手のせいにしがち。完璧な人なんていないのだから、自分が求める要素さえ持っていてくれれば、理想の相手と言えるわけです。私は夫と結婚する前に、自分が大切にしたい“仕事”と“家族”の話をたくさんしました。そして、どんな時も彼はとても関心と愛情を持って聞いてくれたり、私の大切なものを一緒に大切にしてくれたんです。結婚相手の条件を並べる前に、まずは自分の人生計画を立てれば、ベストパートナーが見えてきますよ」(萩中さん)

結婚の決め手お悩みに愛妻コンサルタントがお答え!これって結婚してもいい?

恋人はいるけどこんな理由で結婚を悩んでる…。そもそも理想がわからない…。迷える女子に、愛妻コンサルタント・萩中ユウさんがお答え!

Q1/そもそもどういう人が理想で、どういう時に幸せを感じるのかもう迷子状態です……

「まずは、自分の心の奥底の声を拾い上げましょう。『自分自身の本心がわからない……!』という人には、心が動いたことを書き出す『感情ノート』を毎日つけることをおすすめします。人から言われた言葉について、なぜうれしかったのか、悲しかったのか、腹が立ったのか、なんて言ってほしかったのか。日々直面するさまざまな感情を、毎日書き出して細かく分析することで、自分が求めているものは何なのかが、徐々にはっきりわかってくるようになります」(萩中さん、以下同)

Q2/安心感はあるけどトキメキはない彼。ほかの人に目移りしそう……

「男性としてドキドキしないから運命の結婚相手ではない、と判断してしまうのはもったいない! 私の実体験から言えるのは、泥くさくても向きあい続けた深い絆こそ、最上級の愛情になると思います。私は夫にドキドキやトキメキをまったく求めずに結婚しましたが、『これほど私のことを知っているのは彼以外に、彼のことをこれほど知っているのは私以外いない!』という喜びが、初期のトキメキを軽く超えていきましたよ。こんなに幸せなことはない! まずは全力で彼と向きあって、話し合って、お互いを知りあってみてください

Q3/不器用で家事が苦手な彼。結婚したら共働きになるのでちょっと迷っています……

「料理ができない。掃除ができない。それはあくまで“今”の話。結婚を諦める理由にはなりません! 私の夫もまったく料理をしない人でした。でも、少しずつ教えていったらいつの間にかハマっちゃって、今では器にまでこだわるように(笑)。大切なのは、やる気にさせること。苦手なことに挑戦した彼をほめちぎりましょう! 『こんなにおいしく作れるなんて、シェフになれるよ!』と彼が照れるくらいオーバーにリアクションして、『また作ろうかな』と思わせたもん勝ち♡

Q4/ 比較的ケンカが多い私たち。結婚生活が思いやられます

「私もかつては毎日ケンカが絶えないおつきあいをしたことも……(笑)。でも、“私と彼のどちらが正しいか”という勝ち負け論はお互い消耗するだけなんですよね。話し合って折衷案を見つけるほうが堅実! 落ち着いて話し合うコツは、とにかく聞きあうこと。そして、愛情ベースで話し合うこと。気づきがあればすぐ、『ありがとう』といった思いやりの言葉をはさみ、あくまで“お互いのための時間”という認識を持つことです。話し合いが苦手な男性も、一緒に乗り越える成功体験を一度でも積めば、習慣化するはずですよ」
女子の結婚相手の決め手

Q5/今の彼は大好きだけど、私より収入が低くて不安!

「私は結婚する前に夫の収入や貯蓄額はまったく知りませんでした。というか、興味がなかった! 借金などとなると話は別かもしれませんが、経済力は結婚してからでもお互いの力で変えていける部分だと思ったからです。それよりも、結婚後では変えられない部分、仕事観や家族観のほうが大事だったからこそ、結婚前にお互いの仕事の話を思う存分したり、家族に会ったりしました。気になる部分が、結婚後でも変えられるかどうかで優先度を考えるのも手かもしれません」

女子の結婚の決め手座談会! 「ときめきと安心感、どっちが大事か問題」に終止符を

実際に結婚を決めた女性が、その理由を本音でトーク。それぞれが重視したポイントや過去の失敗談を参考にして!
女子の結婚相手の決め手
Q.重視したポイントや結婚した決め手は?
山田さん「ときめきよりも安心感が大事!」
坂本さん「さりげない言動に信頼できると確信」
佐藤さん「平穏に過ごすなら真面目な人!」

ときめき? 安心感? どっちが大事か問題

女性の結婚の決め手エピソード
山田 結婚相手にときめきって絶対に必要だと思う?

坂本 出た! ときめきと安心感、どっちを取るか問題。

佐藤 歴代の彼氏は、カッコよくてときめけて、何を考えているかわからないような人を選んでたの(笑)。でも、そういう人とはコミュニケーションがうまく取れなかったんだよね。毎日がスリリングで、神経がすり減るばかり。それで、結婚相手はちゃんと自分を愛してくれる人を選びたいと思うようになったな。

山田 私もまったく一緒。ときめきでつきあった人には、浮気されたことがあって。正直、夫には、ときめきを感じたことがない(笑)。でも、誰よりも私を大切にしてくれてる安心感は絶大。ときめきはK‒POPアイドルを見て補ってる感じ。夫には秘密だけどね(笑)。

佐藤 私も韓国ドラマでキュンキュン補充してる(笑)。

坂本 私はふたりとは正反対で、夫にときめきを感じてるかな。私は、おしゃれやメイクが大好きなんだけど、ときめかない人だとそれを頑張る気力が湧かなくなっちゃって、だらしない自分になるものイヤで(笑)。それこそ元彼は、優しいけれど、ときめきがなくて別れたし。でも、実際に結婚を決めるうえでいちばん大きかったのは、やっぱり夫の愛情深さと優しさだったと思うな。

何気ない瞬間に感じた彼の愛に心打たれて

結婚の決め手エピソード
坂本 私が、この人と結婚しようと思った瞬間のひとつが、電車で倒れた時に介抱してくれたこと。あとで「あんな姿を見せてごめんね」と謝ったら、「これからも僕が面倒見るから!」と言ってくれて。ほかにも、何気ない時にほめてくれるところとかに、私への深い愛を感じたの。彼となら結婚しても絶対に大丈夫と思えた!

佐藤 そういういざという時って、相手の真の姿が見えるよね。

山田 見えるし、やっぱり優しさは重要だよね! 私も、彼と美術館に行った帰り、急に雨が降りだしたことがあったの。それで、車まで向かおうとしたら、彼が「白い靴が汚れるから待ってて。車取ってくる!」と気遣ってくれて。私のためにそこまでしてくれることに感動! それがきっかけで、彼との結婚を意識するようになったんだ。

佐藤 素敵〜♡ 私は、彼が遊んでいなかったところも結婚の決め手だったな。彼とつきあう前は、合コンに毎週のように参加していたんだけど(笑)。彼と出会いたての頃、何気なく「飲み会ってよく行く?」と聞いてみたの。そしたら、「会社は年上が多いから飲み会はあまりないかな」と。私は合コンのつもりで聞いたのに、会社の飲み会という返答がきて、“なんて真面目な人! 結婚するならこんな人がいい”と思ったんだ。

山田 スペックや容姿が決め手となったという話もよく聞くけど、私たちの場合は、そこがいちばんの決め手ではないよね。それよりも、彼から感じる、“大切にされている”という実感だよね。

佐藤 やっぱり、愛されていることをちゃんと感じられる人とのほうが穏やかな結婚生活を送れるんじゃないかな。

結婚の決め手エピソード集。先輩たちの語る"ここにグッときた"!

既婚者が振り返る「この人と結婚する!」と決心した瞬間を、一挙公開! 結婚を決めるひとつの指針にしてみては?

性格が決め手!

何気ない優しさが好き
結婚の決め手エピソード
「買物に行った時に必ず荷物を持ってくれるし、ひとつの傘に入った時は、ぬれないようにと傘を私のほうに傾けてくれた」(27歳・一般)
愛情の深さにキュン
結婚の決め手エピソード
「寝顔でもどんな時でも「かわいい」と言ってキスをしたり、欲しいものはなんでも買ってくれたり……。私が喜ぶことならなんでもやってくれる愛情の深さに心打たれました」(26歳・飲食)
喜ばせようとするところが好き
「私を喜ばそうとサプライズをたくさんしてくれるところ♡ 深い愛情を感じます」(28歳・飲食)
買ったばかりのものを壊したときに…
「買ったばかりの液晶テレビを壊しても怒られなかった。この人とならやっていけると確信した」(25歳・航空)
優しさを目の当たりにして
結婚の決め手エピソード
「旅行先で長い階段を下りている時に、あれ? 彼がいない! と振り返ったら、両手に荷物を持ったおばあさんを手助けしていた。彼の優しさを垣間見て、結婚のイメージができた」(27歳・広告)

趣味嗜好や価値観が決め手!

ペットをかわいがってくれるから
結婚の決め手エピソード
「ネコ好き!」(22歳・会社員)

ペットを飼っている人にとっては、相手が自分のペットをかわいがってくれるかどうかも、結婚を決めるうえで確認必須事項のよう。
趣味趣向が合うから
「食やファッションなど、趣味趣向がピタッと合う。一緒に買物に行ったり、外食したりするのが楽しい!」(28歳・メーカー)
同じ趣味がきっかけ
共通の趣味であるバレーボールで出会い、プレーに心奪われた。スパイクを決めた時の笑顔にキュンとします♡ 」(27歳・事務)
清潔感!
「出かけた服でソファやベッドに上がらないなど、清潔感に対する価値観が細部まで同じで、ストレスなく過ごせたこと」(29歳・教育)

家族関係が決め手!

長男だったから
結婚の決め手エピソード
「末っ子の私が、夫の前につきあっていた人は、みんな私と同じ末っ子か真ん中で、喧嘩が絶えず長続きしませんでした。でも、長男である今の夫は、喧嘩をしても解決方法を常に考えて提案してくれるのでうまくいきました」(29歳・金融)

きょうだい構成は性格に影響するから重視した」という意見もちらほら。リーダー気質でしっかり者といわれる長男と甘え上手の末っ子や、逆に末っ子同士だから感覚が合った、という場合も。
家族との仲を重視
家族との関係が良好かどうかは重視しました。私の親と彼が初めて会った時に、すぐに打ち解けている様子を見て、これなら結婚できると思えました」(22歳・会社員)

彼の得意なことが決め手!

家事が得意!
結婚の決め手エピソード
「彼はひとり暮らし歴が長く、家事が得意! 私は同棲するまで家事をしたことがなかったのですが、一から優しく料理のしかたを教えてくれました」(28歳・出版)
サバイバル能力が高くて
結婚の決め手エピソード
「グランピングに行った時に力仕事をすべてやってくれた。サバイバル能力の高さにこの先、何が起きても大丈夫という安心感を覚えました」(28歳・メーカー)

仕事や経済力が決め手!

年収が…
年収1000万円超えが確定していたから」(27歳・建築)

理想とする結婚生活を送るためには、経済力が必要不可欠。女性は収入額や資産など、シビアにチェックする傾向が高い。
彼の仕事が…
結婚の決め手エピソード
彼が保育士なので、子育ての時に頼りになると思った」(25歳・アパレル)

その他

とにかく顔が好き!
「自分が産む子供のことを考えたら、彼の遺伝子ならイケる、と思いました(笑)」(28歳・商社)
弱みをさらけ出せる
自分のダメな部分を見せられる。温泉旅行をした時に貸切露天風呂でのぼせて倒れてしまったのですが、おんぶして部屋まで運んでくれて感動しました」(29歳・貿易)
私の安全を優先してくれた
結婚の決め手エピソード
「夜中に地震があった時、寝ぼけながらも真っ先に自分の掛けぶとんを私にかぶせて守ってくれた(25歳・事務)

男性側の結婚の決め手はこちら!

恋愛・結婚関連特集もチェック♪

最終更新日時:

Ranking

もっと見る

What's New

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る