どんな時も「笑顔のわたし」でいたいから。知ってる? 西洋ハーブのPMS治療薬

どんな時も「笑顔のわたし」でいたいから。知ってる? 西洋ハーブのPMS治療薬_1

毎月のイライラ、PMSの症状かも?

生理前になると、ふだんより怒りっぽくなったり、頭痛や胸のはりがひどくなることはありませんか? 
こうした症状はPMS(月経前症候群)と呼ばれ、日本産科婦人科学会の定義では「月経開始の3~10日位前から始まる精神的、身体的症状で月経開始とともに減退ないし消失するもの」とされています。具体的には、イライラする、怒りっぽくなる、気分変調、胸のはり、頭痛など、細かく分類すると200〜300種類とも言われています。「私もそうかも……」と思い当たる人も多いのでは?

西洋ハーブのPMS治療薬「プレフェミン」登場!

どんな時も「笑顔のわたし」でいたいから。知ってる? 西洋ハーブのPMS治療薬_2
PMSを緩和する方法としては、規則正しい生活やバランスのよい食事、軽い運動をするといった生活習慣の見直しが有効といわれていますが、実はPMSを改善するための市販薬もあるんです。それがPMS治療薬「プレフェミン」。

「プレフェミン」の主成分は、チェストベリーという西洋ハーブ。ギリシャ・ローマ時代の昔から、月経不順や乳房の痛みなど、さまざまな婦人科疾患の治療に用いられてきた伝統的なハーブです。ヨーロッパでは一般用医薬品として普及しています。

飲み方は1日1回1錠。ドラッグストアで薬剤師に気軽に相談しながら購入できるのも大きな魅力です。「病院に行くほどではないけれど、生理前はいつもブルー……」という人にぴったり。「プレフェミン」があれば、生理のリズムとうまく付き合えそう。仕事もプライベートも充実させて、いつも笑顔でいるために試してみませんか?
●月経前症候群治療薬『プレフェミン』[要指導医薬品]
・成人女性(18歳以上)1日1回1錠を服用。
・効果・効能:月経前の次の諸症状(月経前症候群)の緩和:乳房のはり、頭痛、イライラ、怒りっぽい、気分変調
*この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
***********************************

●お問い合わせ/ゼリア新薬工業株式会社 お客様相談室 ■03-3661-2080

***********************************

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る