奥田瑛二さんが実践する“自尊心の保ち方”。セレブな彼との結婚への不安にアドバイス!【お悩み相談室『俺の人生論』】

恋に仕事……女子の悩みは酸いも甘いもかみ分けた男に聞け! 奥田瑛二さんの2回目です。

【今回のお悩み】セレブな彼と結婚しても、うまくいかないような気が……

3年つきあった彼から先日プロポーズされました。彼はひとりっ子で医師、父親は大病院の院長、母親は専業主婦です。私の父は小さなメーカーで働いていて、母はパートで保険の仕事。育った環境も違うし、私なんかふさわしくないのではと、不安で迷っています。(30歳・メーカー勤務)
奥田瑛二さんが実践する“自尊心の保ち方”。セレブな彼との結婚への不安にアドバイス!【お悩み相談室『俺の人生論』】_1
そんなことで引け目を感じる必要なし!

あのね、江戸時代じゃないんだから(笑)。家庭環境が違うからという理由で結婚を諦めるのは、よくないと思います。

とはいっても、ウチは先祖が偉かったとか、先代はこうだったとか、こだわる人が多いのも事実。引け目を感じたり、心配してしまうあなたやあなたのご両親の気持ちもわかります。でもね、だからこそ、言いたい。悩む必要はありません。

そもそも医師というのは本来、人の命を預かる立派な仕事、聖職です。そういう立場にある彼や彼の両親が、家庭環境なんかにこだわるはずがないんだ。実際、彼はあなたにプロポーズしてくれているのだから、思い悩む必要なんてないでしょう。

それより今の段階では、あなた自身が経済力とか世間体とかにこだわって、引け目を感じているような気がする。そこからまず、正していくべきだと思うんです。

それに関しては、いい方法があります。夜、ふとんに入って明かりを消して眠りに入る前に、おぎゃあと生まれた時から今までの30年間を、細かいところまで全部、思い返してみるんです。幼少期の友達の顔、小学校の先生、授業中の風景、次から次にいろんなことがポンポン出てくるはずです。3日か4日で、30年分思い出せるんじゃないかな。

そうするとね、自分のアイデンティティーというか、自分自身の輪郭が立体的になってくる。ひとつひとつの経験、一日一日の思いが積み重なって、今の自分ができているという自信が生まれてくるはずです。そしていつも見守ってくれていたお父さんお母さんの愛情も、あらためて実感できる。

僕もたまに、元気がない時、これをやります。するとぐっすり眠れて、朝の目覚めがとてもよくて、すっきりするんですよ。

試してみてください。彼が愛してくれている自分に自信が持てるし、自分を今まで育ててくれた両親に誇りを持てるようになる。それが自分を尊ぶ心、自尊心です。その自尊心が、あなたの味方になってくれるはずです。

結婚は一緒に“暮らす”より、一緒に“過ごす”

もうひとつ、結婚についてアドバイスしたいことがあります。それは「暮らす」ことと「過ごす」ことは、違うということ。

一緒に「暮らす」と、相手がしてくれることを、当たり前だと思ってしまう。コーヒーをいれてくれても、ぐちを聞いてもらっても、日常のことだから、いちいち感謝しなくなる。

一緒に「過ごす」ということは、相手のことを考えていないと、できない。自分がしてもらうだけじゃなく、自分も相手に何かしてあげる気持ちがないと、過ごしている、とは言えない。

僕自身、数年前にそれに気がついたんだ。ちょっと遅いけど(笑)。その時から(妻の)和津さんに、「ありがとう」を言うようにしました。最初のうちは「何それ、わざとらしい」なんて言っていたけど、しばらくすると僕の「ありがとう」に対して、ニコッとするようになった。ほかにもいろいろ、彼女の都合とか気持ちを推し量るようになったんだ。すると、家の中が明るくなるんです。それは暮らすだけじゃなく、夫婦一緒に過ごしているから、なんですよ。

自尊心を持って結婚し、彼と幸せに過ごしてほしい。僕のアドバイスは、こんなところです。

【奥田瑛二さんの回答】生まれ育ちや経済力より大事なのは自尊心だ!

おくだ・えいじ●1950年3月18日生まれ。愛知県出身。1974年のデビュー以来、圧倒的な存在感で数多くの映画やドラマに出演し、映画監督としても才能を発揮。これまでに5作の映画を世に送り出し、2006年『長い散歩』では第30回モントリオール世界映画祭グランプリをはじめ3冠を受賞


▶▶▶ 関連記事/「俺の人生論」のまとめ、はこちらから!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る