【射手座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/3〜5/16> 月のパッセージ―新月はクラい、満月はエモい―

12星座全体の運勢

「濃密なエモを嗅ぎとって堪能すればいい」

5月7日は鞍馬寺などでブッダの生涯を祝うウエサク祭が催され、蠍座で満月を迎えます。今回の蠍座の満月は「FULFILLMENT(約束の履行と実現)」がキーワード。これは言い換えれば「変容の成就」ということでもあり、古いパターンからの脱却や離脱、引きこもり期間の後に、人生のユニークでカラフルなビジョンに目覚めることがテーマとなっています。今週はできるだけ現実の豊かな匂いや味を堪能していくことで、心が昂揚する「エモッ!」を研ぎ澄ましていきたいところ。 

射手座(いて座)

今週のいて座のキーワードは、「矛盾」。

射手座のイラスト
太宰治の次女でもある津島佑子の連作短編のうちの一作である『鳥の夢』には、「恐怖がそのまま輝くような喜びを味わっていた」という表現が出てきます。

「喜び」とはふつう対極的な位置にある「恐怖」という感情が、恐怖であるままに喜びを味わっているという矛盾をはらんだ比喩表現ですが、おそらくそれは身震いさえ伴なうような、ゾクゾクする感覚のことであり、現代人が文明の灯りのもとで置き去りにしてきたプリミティブな本能に直結したものなのではないでしょうか。

よく人間が恐怖を感じた際の身体反応として、「全身の毛が逆立つ」とか、「血の逆流するような恐怖」などとも言いますが、生きようという本能が総動員される時というのは、ある種の強い矛盾や、逆行現象がそこに立ち現れるのかも知れません。

つまり、矛盾はエモいんです。もちろん、それは感覚の狂いでもありますから、素直で分かりやすいエモではありませんが、今週のいて座に関しては、そうした普段なら目を向けないような領域にもついつい手を伸ばしていってしまうはず。


出典:津島佑子『光の領分』(講談社文芸文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。 

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る