【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!

【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_1

デビューからの夢を叶えた ソロツアーのファイナル!

SUPER JUNIOR-KYUHYUN(スーパージュニア キュヒョン)さんの初の全国ソロツアー『SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~』が、6月5日(日)千葉・幕張イベントホールでファイナルを迎えました! 


5月25日にリリースした初の日本ソロシングル「Celebration~君に架ける橋~」がオリコンデイリーチャート1位を獲得するなど絶好調のキュヒョンさん。先日、デイリーモアでのインタビューでも、「僕はバラードの分野でソロのシンガーとしてやってみたい夢があったんです。その夢とは、デビュー時から日本のファンの前で僕の歌を聴いてほしいということ。今回はそのチャンスがあったので、最初は不安もあったけど、その夢をかなえたいと思ってチャレンジしたんです」と、今回のツアーに関して熱い熱い想いを語ってくれていたのですが、まさにその夢が叶った瞬間を目撃してきました!
【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_2
最大の魅力はその歌唱力! 楽しいトークを交えつつ、1曲1曲ていねいに歌を伝えていました

上質な歌がつまった “雑貨店”がコンセプト!

【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_3
今回のツアータイトル「Knick Knack」の意味は“雑貨”。そのタイトル通り、ライブは曲間にはさむ映像(このストーリーがとてもせつなかった!)や、ステージ上のセット、キュヒョンさんが店長役でダンサーふたりとお店の内外を表現する構成まで、“雑貨店”をイメージして展開されました。SUPER JUNIOR本体のライブとは異なり、彼の最大の魅力である「歌」をメインにしっかり聴かせつつ、本編15曲にダンスコーナーや、アンコール3曲まで盛りだくさんの3時間のライブは、彼のいろんな魅力を閉じ込めた、まさに“エンターテインメントのおしゃれ雑貨店”だったのです。


とりわけ “エンターテインメントの雑貨店”を実感せずにいられなかったのは、ライブで披露した多彩な曲の構成と、ボーカリストとしての表現力の幅広さから! 


この日歌った全18曲には、1曲目の「さよならの方式」や、自身がもっとも大切にしている曲だという「Remember Me」など、韓国でリリースされているソロ曲がありました。もちろん、日本初シングル「Celebration~君に架ける橋~」収録の3曲もありました。「SUPER JUNIORのライブでは1回しか歌ったことがないけど大好きな曲」という「Way」など、SUPER JUNIOR の曲もありました。


と、これだけ伝えるだけでも曲の幅広さはわかると思いますが、それだけじゃない。ファンをもっともっと楽しませるために、クリス・ハートの「幸せを見つけられるように」や、ゆずの「ヒカレ」などの日本のヒット曲のカバーもたくさん披露。さらに、全国各地の公演で2曲ずつ披露してきたファンからのリクエスト曲を、この日はすべてメドレー(中島みゆき「糸」から平井堅「POP ATAR」など多彩すぎてびっくり!)で歌うというファイナルならではの超スペシャル企画まで! 本当にファンを楽しませ、飽きさせることのない幅広い曲構成だったのです。


そして、曲の歌詞や世界観にあわせ、ささやくように歌ったり、美しいファルセットを響かせたり、雄々しく歌いあげだりという、ボーカリストとしての力量のあるキュヒョンさんだからこそ、バラエティに富んだ構成でありながら、上質で統一感のあるライブにまとまっていたのでした。
【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_4
ライブでは、SUPER JUNIORのヒットナンバーを披露するダンスタイムも!

夢を叶えた先の“”次の夢”に大期待!

【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_5
7500人を収容する大きなホールだけに、トロッコで会場を回ったり、スタンド席に登場したり、ファンとの距離をとても大切にしていた。
【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_6
「(大きな会場について)僕もここまで来たんですね!」と笑わせたり、髪を伸ばしていた本当の理由や、この日のヘアスタイルのことを徹底的にネタにしたり、SUPER JUNIORの他メンバーや仲のよい東方神起チャンミンとの交流話を盛り込んだりと、緊張をほぐす曲間の楽しいMCもあり、本当に初のソロとは思えない大充実のライブを披露し、ツアーは無事終了。


公演後には、「今回、日本でのソロ活動のチャンスを与えられて最初は不安もたくさんありましたけど、ソロ歌手としてその夢を叶えられたことに感謝しています。ツアー中うれしかったことは、バラードを歌うときには、一緒に歌ってくださったり、会場が一体になるときが本当に幸せでした」とツアーを振りかえってコメントをくれたキュヒョンさん。これを聞いて、ふと先日のインタビューでこんな印象的な言葉を語っていたことを思い出しました。


「夢を叶えることって、まるでゲームのレベルアップをしているようなもの。少しずつボスを倒して先に進むように、ひとつひとつ段階をクリアしていくことが大事なんでしょうね。たとえば、最初から東京ドームでライブ!という夢だけを持つよりも、そこに立つためになにから始めればいいのかを考えてワンステップずつクリアしていくこと、目標に向かってすこしずつ歩んでいくことが大切なんだと思います」


初のソロツアーをクリアし、レベルアップしたキュヒョンさんが、次に見すえる夢の続き――それがいまから楽しみになってきました! 
(プロフィール)
キュヒョン/1988年2月3日生まれ。28歳。
2006年5月、SUPER JUNIORのメンバーに加入。11年6月より、グループの日本本格活動スタート。5月25日にリリースしたソロ初の日本オリジナルシングル「Celebration~君に架ける橋~」はオリコンデイリーチャート1位を獲得!
取材・文/編集部 写真提供/エイベックス
【SUPER JUNIOR-KYUHYUNさん初の全国ソロツアーファイナル】 夢が叶った“歌の雑貨店”にようこそ!_7

まさに「雑貨店」! バラエティに 富んだセットリストも大公開!

最後にこの日のセットリストも全公開しちゃいます!
13、14曲の間には、SUPER JUNIORの人気ダンス曲を踊るスペシャルコーナーもありましたよ!


「SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016 ~Knick Knack~」
6/5(日)、幕張イベントホール

1. さよならの方式
2. ズルイ女/シャ乱Qcover
3. Flying Deep In The Night
4. Piano forest
5. Million Pieces
6. Remember Me
7. 幸せをみつけられるように/クリス・ハート cover
8. それでも会いたくて
9-1. リクエストメドレー1
7 years of love~記憶の習作/キム・ドンリュル cover~野生花/パク・ヒョシン cover
9-2.リクエストメドレー2
糸/中島みゆき cover~M/プリンセス プリンセス cover~奏/スキマスイッチ cover~POP STAR/平井堅 cover
10. Lost My Way
11. 僕たちが愛した時間
12. シーズン・イン・ザ・サン/TUBE cover
13. ヒカレ/ゆず cover

<MC&DANCE MIX>
1. OPERA~BONAMANA~Mr.Simple~Sorry,Sorry
2. BAMBINA

14. Beautiful
15. 光化門で

<アンコール>
1. You & I
2. Celebration~君に架ける橋~
3. Way

Ranking