ジャニーズWESTの濵田崇裕と一緒に暮らしたら?

なにげない日常に、とびきりの笑顔をお届け。ジャニーズWESTと贈る“はんぶんこ”物語。

ジャニーズWESTのメンバーと生活をシェアしたらどんな毎日が待っているの? “一緒に暮らす”をテーマに語る言葉から見えてきた、それぞれの素顔とプライベート♡

2021年MORE4月号掲載企画から、インタビュー記事をお届けします。彼らの素敵な写真は、現在好評発売中のMORE4月号本誌で直接チェックしてくださいね!
【ジャニーズWESTと贈る“はんぶんこ”物語…5】濵田崇裕
TAKAHIRO HAMADA
はまだ・たかひろ●1988年12月19日生まれ、兵庫県出身。映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』やドラマ『恋の病と野郎組』に出演するなど、俳優としても活躍する

p.m. 3:30 濵田崇裕と、ブランケットをはんぶんこ。

ブランケットは“各自2枚”が理想。だって寒いもん(笑)

大きい毛布なら「ふたりでくるまろう」って言うけど。小さめのブランケットなら各自2枚が理想。だって、寒いもん(笑)。家では誰かと一緒に過ごすよりもひとりでいるほうが好き。普段はアウトドアしたり、友達に会ったり、けっこうアクティブなんで。家に帰ったらひとりになってリセットしたいんですよね。テレビ見たり、ギター弾いたり、なんもせんとボーッとしたり。料理もしますよ。タン、ハラミ、ステーキ肉……冷凍庫には常に精肉店で買ったお肉が入っていて。それをフライパンで焼いて塩、こしょうするだけ。めっちゃシンプル。料理はするけどうまいかどうかはまた別。口に入る大きさを基準にザクザク切るだけ。正しい切り方とか知らんしね(笑)。僕はわりと気を遣うタイプやから。それは“はんぶんこ”生活にはプラスかもしれない。だがしかし、気遣いゆえに相手のことを見すぎてしまうくせが。で、悪いところまで見つけてしまうっていう。見たくないのに(笑)。相手も気遣いできる女性だとええんかな。「今、こうしてほしいんだな」と考え動くことができる、そういう人に対しては「全力でお返しをしたい!」気持ちにもなるし。ただ、相手も僕の悪いところを見つけてしまったら……一緒に暮らすのって、難しいですね(笑)。

メンバーが語る濵田崇裕のハナシ

桐山 濵ちゃん(濵田)、寒がりやからな。冬は見た目より機能性重視。釣り用の防寒半端ないダウンを着ていたり。

中間 「大きい毛布やったらいい」、濵ちゃんが言いそうな言葉やわぁ。彼はAB型なんで、優しいところはめっちゃ優しいんやけど、小さいところはほんまに小さい!!(笑)。

小瀧 濵ちゃんのブランケットが欲しかったら、奪うしかないよね。「譲ってあげる」の言葉を待つ前に奪う!!(笑)。

神山 普段は優しさと気遣いの人やねんけどな。一緒に現場に行く時、先に車に乗っていた濵ちゃんがドリンクホルダーに僕のコーヒーを入れてくれてる、そういうことよくあるし。しかも、ちゃんと僕が好きなブラックコーヒーを。そういうとこ、すごいよな。

藤井 優しいけど、言いなりになる感じではないねんな。自分の芯があるというか。それがブレないというか。譲らんとこは譲らないというか。

重岡 ハマったら長いしな。バス釣りに関しても「もう、その話はいいです」ってマネージャーさんに注意されるまで話し続けるし。昔、舞台に出演するために一緒にホテルに泊まっていた時期があったんやけど。担担麺にハマって毎日それ。ピザにハマったらずっとピザ。一緒に暮らしたら地獄やで(笑)。

中間 ハマるだけに恋愛も長続きするんちゃう。濵ちゃんとつきあったら幸せになれそう。

藤井 優しいイメージが強いけど、意外と男らしいしな。

小瀧 昭和の男だからね。恋愛現場では、オレたちの知らない濵ちゃん、いそうやな(笑)。

ジャニーズWEST

じゃにーず・うえすと●2014年、『ええじゃないか』でCDデビュー。音楽活動のほかそれぞれが俳優としても活躍するなど活動の幅を広げている。『パパジャニWEST』(TBS系・火曜23:56〜)、『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(ABCテレビ・土曜24:35〜)が好評放送中!

Ranking